2010年 03月 09日
CR-Z
思ったよりも話題になっているCR-Zを試乗しました。

ホンダが作ったスポーティーなクルマに久しぶりに乗った、っていうのが感想。

動力性能としては、0-100km/hが10秒弱って事なので、フィットRSよりチョッと速い位なんだと思う。
8秒とか7秒台なら、”おっそこそこ速い”って感じられるんだろうけど・・・。
どうやら、開発陣はもう少し速さ方向にも振れたんだろうけど、燃費とのバランスでこの辺にしろって、指示されたらしい。

シートポジションは低く、ステアリングも小径。
メーター、インパネ周りの質感がもうチョッとって感じがするけど、インサイトやフィットよりは良くなってました。

試乗車はαのCVTでしたが、6MT仕様も試乗車として同じディーラー系で降ろしたってことなので、CR-Z販売台数は少ないけど、それなりに販売にも力入れているようです。
ホンダの場合、ある車種の中にある一グレードがスポーツモデルだったとすると、そのスポーツグレードは全然試乗車用意しないもんなぁ。

走りは、フィット系、インサイトのコンポーネンツではあるけど、別物に仕上がってました。
CR-Zの場合、専用部品率も高いみたいだけど。
車重の軽さも効いていて、頭の入りも良いし、軽快なハンドリングになっていました。
剛性感もインサイトより出てた。

気になったのは、足回りが安っぽいのか、もう少し落ち着いた動きが欲しい気がした。
そして、リアのスタビリティはそんなに高く無さそう。VSAがすぐに介入してくれたけど。

インターナビは、ウィルコム回線だけど通信費無料になったのは偉い。
販売台数の多いフィットからやって欲しかったな。

CR-Z、6MTで乗るべきだと感じた。シフトフィールは、S2000やシビックRに近いというし。
CVTは効率はいいけどダイレクト感とか、マニュアルモードだって擬似的なシフトなんだし。
ホンダも早くDCT導入して欲しいね。

もうひとつ、動力性能を2グレード用意するとかして欲しかったかな。
燃費は落ちるけど、走りを重視したモデルを。

今回試乗した仕様で280万のプライスタグが付いてた。
新型ポロGTIは、280万位で登場してきそう。性能はポロGTIは、ゴルフGTIにかなり近い。
ヨーロッパのクルマたちの方が、元気があって、魅力的なパッケージがされている。
日本車、大丈夫なのか?

d0041352_2331384.jpg


d0041352_2332478.jpg


d0041352_2333135.jpg


d0041352_2333952.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2010-03-09 23:07 | クルマ


<< 洗車したけど      とある日のランチ >>