2010年 11月 22日
確かに燃費はイイかも・・
フィット1.3G(GE6)からフィットハイブリッド(GP1)へ乗り換えました。
といっても、社用車での話ですが。

マイナーチェンジ前のモデルからの乗り換えなんで、新鮮な感じは一切なし。

まず、燃費の方は1.3Gでは14km/L~17km/Lを表示することが多かったけど、
ハイブリッドでは17km/L~23km/L。
乗り方っていうか、走行パターンでかなり変わるけども、確かに燃費は良さそう。

ホンダのIMAは、モーターによるアシストがターボのように加速を助けてくれる、と考えるとわかりやすい。
よって、走行フィールにトヨタのシステムほどの違和感は少ない。
けれども、普通のフィットよりは確実に違和感はある。
回生が入るからアクセルオフ、ブレーキ操作は気を使うし、
トルコン付のフィットでは滑らかに繋がる部分が、
トルコンを使わないCVTなので初代フィットの様にギクシャクする部分もある。

走りは、モーターアシストによって中低速での加速は悪くない。
全開加速をすると1.3Gと変わらないって感じ。
エンジンをあまり回さなくても走れるから、1.3Gより静か。併せて遮音対策を行っているので、ノイズレベルも相対的に低くなっている。
ハンドリングは基本的には、1.3Gと同じ。車重が重く、タイヤ外形、リアスタビなどの仕様の違いによって落ち着き感は出てる。

と言うことで現時点で感じたことは、燃費は確かに良さそう。
だけど、ドライバビリティは普通のフィットの方が上ってこと。
今後、ハイブリッドモデルがますます増えるんだろうけど、ドライバビリティが今後の課題なんだろうなって気がする。
事実、トゥアレグ、カイエンのハイブリッドはかなり違和感がないと聞くし。
いつの日か、欧州メーカーにハイブリッドやEVも先行される日がくるかもなぁ。

d0041352_1381569.jpg


d0041352_1382666.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2010-11-22 01:44 | FIT


<< あと少し      iPhoneアプリを試す >>