2005年 08月 01日
ステップワゴンに試乗
ディーラーにフィットの修理に行った時に、時間があったのでステップワゴンに試乗してみました。
ホンダ自慢の低床技術により、同クラス内ではダントツに走行性能が良いと評価されているので、
期待しましたが・・・
d0041352_2112544.jpg


試乗したのは、2リッターの多分G Sパッケージというグレード。
メーター周りが特徴的なんですが、これは結構見やすいし、好きです。
昔、プレリュードがこんな感じだったような。
d0041352_215455.jpg


2リッターのエンジンは、余裕は無いけど、元気よく回る。
でも、高回転でのノイジーな印象が。
あれ?ホンダのエンジンとしては珍しいぞって感じでした。

シフトレバーの操作性がイマイチでした。
これは、エリシオンもそうなんだけど、Dレンジから2レンジに落とすときに、ボタンを押さないとというのは使いにくい。

このクラスとしては珍しく、テレスコピックが付いているので、ポジションは取りやすい。

ボディ剛性感が低い感じがした。
フロアの振動が大きく、荒れた路面を走るとボディのしっかり感が今ひとつ。
ダンパーの動きも安っぽい。

ステアフィールは悪くない。中立付近からの立ち上がりも自然だし、好感が持てた。
ブレーキに関しても、悪くない。

その後、山道に持ち込んだら、アンダーステア!
こんなに、曲がりたがらないクルマって久しぶりでした。
降りてタイヤを見て見ると、ヨコハマのデシベルを履いていました。
タイヤの影響も若干あるけど、それ以上の別の問題があると思う。

シビックTYPE-RのLPLの方が造ったステップワゴンで、
スポーティーなステップワゴンとして各方面で評価が高いんだけど、
それは、箱型のクルマとしては、良いってことなんだろう。
期待しすぎちゃったようだ。

オデッセイには、ミニバンなのに、セダンと比較できる走りを持っていたのだが・・・。
オデッセイとは比べられない程の、走行性能に差がある2台です。
[PR]

by dc5_inte | 2005-08-01 02:51 | クルマ


<< フロアマットとファイナンス      続・ゴルフGTI 06モデル >>