2005年 10月 11日
DSGとヒルホルダー
ゴルフGTIには、世界で一番優れているトランスミッションとして名高いDSGが搭載されています。
これを目当てに購入って方は、少なからずいると思います。
私もその一人です。
AT限定免許の、嫁さんも乗るのでということもありましたが。

400km以上乗ってみた感想としては、試乗車の05モデルよりも進化していると思います。洗練されてきたとも言えましょうか。
ブレーキをリリースして、すぐにアクセルONしたときの、動き出しがスムーズになっています。
クリープを作り出してあげてから、アクセルONであれば、ほとんどトルコンATと同じフィーリングだといえると思います。

DSGには、次のギアを予測する動作があるんですが、これがたまに”迷う”ような動きをするときがあります。低速時に起こりやすいのですが、3速で走行していて、2速に落ちてくれても良いのにすぐに落ちなく、若干もたつくみたいな。

ヒルホルダーですが、日曜日にビル内の駐車場を7階まで上がりましたので、さんざん試してみました。
というか、恩恵に預れました。
坂道で完全停止してから、ブレーキをリリースしても全く動きません。動き出すときにブレーキを若干引きずるようなフィーリングがあるので、ブレーキを掛けているようです。
後退時にも作動するようです。
ですが、完全に停止しないでアクセルを戻すと、下がります。
坂道発進ですが、半クラ時のジャダーを若干感じるってことは、負担があるんだろうか?
[PR]

by dc5_inte | 2005-10-11 16:01 | GTI


<< Nur GTI      内装の写真 >>