2006年 01月 02日
ESC(ESP)誕生10周年
ESC(ESP)が誕生して、10周年らしいです。
ESPって呼ばれているスタビリティーコントロールは、最近ではESCと統一させたいようです。
気になったのが、日本車の装着率の低さです。ドイツは68%、日本は7%・・・。

日本では、速度レンジが低いから、必要ないとかって考えられがちみたいですが、あって悪くないし、必要だと。

ESCは、個人的には有効で、興味のある技術の一つです。よく、日本車に装備されているESCは、制御がヨーロッパのクルマに比べて雑で、一度、制御が働くと、途端にアクセルが開かなくなったり、極端にスピードを殺す制御がされているって、言われています。ベスモでも散々インプレッションされてました。
トヨタ曰く、”お仕置きモード”って言われたりするらしいのですが。

そして、カットオフに関しても考え方が様々なのが面白いです。トヨタ、レクサスは、トラコンのみカットできて、スタビリティーコントロールは不可とか、ヨーロッパのクルマでも、カットしても、ブレーキを踏んだりすると、復帰したり。
GTIのESCは、完全にオフできます。

日本車はまだまだの部分がありますね。
d0041352_1393757.jpg

carview ESC誕生10周年。国産車の装着率は?
[PR]

by dc5_inte | 2006-01-02 01:39 | クルマ


<< ウォッシャーフルードの匂い      カービュー・オブ・ザ・イヤー2... >>