2006年 01月 24日
Jettaデビュー
新しいJettaが発売されました。
フロントはゴルフ顔というのが、個人的には気になります。
まったく別物として、造ったほうがいいような気もしますし、ゴルフというアイデンティティを使って、安心感を与えるというのもあるんでしょうか。

2グレードあり、エンジンが2.0FSIの「2.0」と2.0TFSIの「2.0T」となります。
ゴルフでいう、GLIとGTXに相当する感じでしょうか。

2.0Tには、ゴルフのGTI、GTXと共通する部分が多いんですが、同じエンジンにDSGという組み合わせですから、スポーティーなセダンとして考えても良さそうです。
見た目が、もっとスポーティーでもよかった様に思います。Audiでいうなら、S-lineのようなパッケージがあってもいいなと。
タイヤサイズも、GTI、GTXと同じで、装備内容もほとんど同じ。
スポーツサスになっているようですが、GTIよりはローダウンはされていない模様。最低地上高で判断すると、GTXと同じ。
車重は30kg増となっています。
そして、GTIの時に散々話題になった、パドルシフトが標準装備となっています。オーディオのコントローラーも装備されています。
やはり、GTIデビュー時のパドルシフトレス仕様は噂通り、発注ミスを感じてしまいます。

さらに、気になった部分を。
ESPの機能の一部としてHVV(リヤ アクスル フル減速システム)が装備されています。この装備、ゴルフには表記されてません。同じコンポーネンツを利用している2台ですので、ゴルフにも装備されているってことはないんでしょうかねぇ。
説明書きには、「凍結路など、特殊な路面状況下でフロントABSのみが作動する場合は、HVVがリヤのブレーキ力を高めフロントブレーキをアシスト。」となっています。

ボディーカラーは、ゴルフとは違ったりしています。黒の場合、ディープブラックパールエフェクトという色を使っています。

新しいJetta、価格が2.0Tで359万とお買い得な価格設定になっています。
トランクが大きくて、セダンのプロポーションが好きで、ゴルフと同じ走り、同じ装備内容を求める人には良い車だと思います。
個人的には、魅力は薄いです。
スポーツセダンとしてなら、もう少しスポーティーな装いが欲しいし、ゴルフはハッチバックというイメージがありますので、ゴルフ顔のセダンは抵抗あります。


※VWJのサイトですが、最近出てきたクルマのページは、見やすいですね。
ゴルフのページも作り変えて欲しいものです。というか、本国サイトと同じデザインにするべきかと。
[PR]

by dc5_inte | 2006-01-24 10:17 | クルマ


<< 速度取り締まりって何でもあり?      Audi 純正iPod接続アダプター >>