2006年 06月 26日
ステラとレガシィ
スバルへ、ステラとレガシィを見てきました。本当は、ダイハツのソニカを見ようと思っていたんですが、日曜日はお休みでした。さすがモータース。

ブランニューのステラは、R1、R2の売れ行きがパッとしないので、急いで作ったようなそんな感じがするモデルです。軽自動車の市場は、まだまだ可能性があるし、放っておけないビジネスですからね。
ステラのデザインはあまり面白くないと感じてしまいました。R1、R2のようなデザインを追求したモデルではないんでしょうけど、フロントデザインはムーブを感じてしまいました。R1、R2とは対照的な保守的なデザインにしたというのが、正解っぽいですけどね。
インテリアも質感など、ホンダの軽(ライフ、ゼスト)の方が質感が高いと思います。物入れなどの収納には、細かく作りこんだようですが。コンビニフックが多数あったり、カーゴルームにはストラップが標準装備され、ベビーカーなどを固定できるようになっています。
個人的には、魅力を感じなかったんですが、評判は上々のようですね。

MCしたレガシィは、細かい部分での改良ですね。スバルらしいというか。ワゴンの2.0GTのATモデルに試乗をしてみました。乗ってみると、シートも改良されています。前後長が長くなったのか、シートが大きくなったような印象も受けました。シートバックもサイドサポート形状も変更されています。今回からテレスコも装備されていて、ポジションはかなり好印象でした。ステアリングのグリップも変更されているような気もします。パドルシフトも装備されましたが、パドルはステアリングと一緒に回らない仕様になっています。パドル自体もかなり大きいデザインです。メーターもデザインが変更されていますね。MFDもメーター内に装備されました。

SIドライブを試してくださいって、営業マンは言うんですが、走ってみると基本的な部分での質感が上がっているのに気づきます。剛性は上がっているし、ステアフィールも良くなっていて、足回りの動きも良くなっている。これは、かなり質感が上がったなって感じました。
試乗コースが短くて、ストップアンドゴーの多いコースですから、SIドライブに関してはどうでもいいって感じでした。S、S#、Iの3モード選べて、デフォルトはS。Iにすると、ブーストの立ち上がりはほとんど感じられないようになってます。コースがコースだったので、SとS#の差は大きくは感じませでしたが、S#がアクセル開度がすぐに大きくなるようになっているようです。
ATはごく普通のトルコンATでした。パドルシフトも使っても、DSGにようにレスポンスがよくないし、スポーティーなATには感じません。3Lモデルには、シフトダウン時にブリッピングする機能がつきましたが、ターボにはナシ。

走りの質感が向上したのがハッキリとわかるレガシィのMCでしたが、GTIと比べてみると、GTIはどうも細かなギャップを拾ってしまい、同乗者には乗り心地の評判がイマイチなんです。レガシィのGTでは、大きな突き上げはそれなりにあるのですが、GTIよりは乗り心地は良好です。GTIはタイヤが硬いのもあり、小さな突き上げが入ってきます。同乗者が妊婦なんで、かなり要求がきついのですがね。レガシィの方がGTIより、大人を感じて、GTIの方がもう少しやんちゃかな?
[PR]

by dc5_inte | 2006-06-26 10:17 | クルマ


<< 最近気になること      ポルシェ ボクスター07モデル >>