2006年 07月 29日
ドライビンググラス
日差しの強い日が続いています。そんなときに欠かさず使っているのが、サングラスです。でも、普通のサングラスではなく、「偏向レンズ」を使ったサングラスを愛用しています。
レイバンのフレームに、偏光レンズ(度入り)の組み合わせです。
d0041352_15352686.jpg

ドライビングに最適なサングラスは?ってことで調べていたら、偏光レンズが良さそうってなったんです。
偏向レンズというと、釣り用ってイメージがあるようなんですが、ドライビングにも実は最適なんです。フロントガラスにダッシュボードが映り込み見難いってこと良くあると思うんですが、写りこまないんです。
何よりも、余計な光(反射光、雑光)が視界に入らないから、視界がクリアにハッキリと見えるんです。だから、眼が疲れません。路面がハッキリと見え、普段だとガラスがギラギラと反射して車内が見えないんですが、ガラス越しにドライバーの顔が見えます。
サングラスは暗くて疲れるって言う人が良くいるんですが、偏光レンズを使えばそんなことないですよ。

偏光レンズの欠点が、オーディオとかメーターパネル内の液晶などが、見る方向によっては見えないんです。携帯の液晶とかも。首をどっちかに傾ければ見えます。
また、車種によっては、サイドウィンドウやリアウィンドウが縞模様や虹に見えることがあるんだけど、慣れれば問題ないと思います。

偏光レンズで有名なメーカーは、TALEXとコダック PolarMaxのようです。
次は、TALEXレンズを使って作ってみようと思ってます。

偏光レンズは、お勧めアイテムです。
[PR]

by dc5_inte | 2006-07-29 16:00 | クルマ


<< 首都高でGTI炎上      ストリーム試乗 >>