2006年 09月 25日
Audi TTデビュー
先日、オープン前の国立新美術館で、新しいAudi TTがお披露目されました。
このところ、Audiは大きなスペースにて、新車の発表会を行っているのですが、この辺もVWとの違いを感じますね。一般の人も、招待するところもやり方がうまいかもしれません。
d0041352_16331873.jpg

新型TTは、3.2クワトロと、2.0TFSIの2グレード。それぞれ、日本仕様はSトロニック(DSG)のみとなります。

注目は、アルミとスチールのハイブリッドとなったボディで軽量でボディ剛性も高いということでしょう。実際に、軽量化に成功しているようで、2.0TFSIが1340kg 、3.2 クワトロは1470kg。
ボディ形状が違いますが、ゴルフGTIや、R32と比較すれば、100kgは軽い。これは、運動性能にかなり有利になるでしょうね。

リアルスポーツではないにしろ、品の良いスポーツカーへと進化したような感じがします。
実車を見てみたいですね。
[PR]

by dc5_inte | 2006-09-25 16:59 | クルマ


<< BMWな教習車      公園を散歩 >>