2007年 04月 29日
シビック タイプR
試乗ネタが続いてますが、ホンダのディーラー前を通りかかったらナンバーが付いたシビック タイプR(FD2)が置いてあったので、よってみました。
d0041352_153480.jpg

試乗できますかぁ~って、聞いてみるとあまりやる気の無い返事。
D「クルマがクルマなので、購入検討している方のみ試乗してもらってます」
オレ「試乗はできないって事ですか?」
D「あまり走りを味わってもらえないと思いますが、少しなら・・・」
オレ「それでもいいよ~」

免許書のコピーと連絡先をって。中々お堅いディーラーでした。
d0041352_1531438.jpg

試乗は、以前乗っていたDC5 インテRからどのくらい進化しているのかをチェックしてみました。と言っても、5分程度、そぉ~っと走ったレベルなので・・・。少しでも回そうとすると、注意されました(笑

シートポジションなどは悪くありませんが、シフトノブは若干遠い感じでした。タコメーターの視認性はイマイチかも。
エンジン音がDC5よりも車内に入ってきて、騒音はすごいかも。
DC5より足が硬いって言われているようですが、DC5より大幅に硬くなってはいないと思います。突き上げは相変わらず凄いですが。
剛性はDC5よりも確実に向上してますね。
DC5は、エンジンマウントがかなり動くクルマだったんですが、FD2では硬くなっているように感じました。
K20Aは相変わらず、凄いエンジンです。DC5と基本は同じエンジンなんで大きな違いは感じませんでした。全開走行では1~3速のレシオが低くなっているはずなので速いのでは?
ただ、DBWによって、若干フィールは違うような印象でした。

それなりに走ってみないと、これ以上はわかりません。

基本的には、重さをカバーするために、18インチのRE070、ギアレシオ、エンジンとチューニングしているような気もしますが、基本的なボディ剛性、足回りなどは進化しているのだと思います。
DC5の複雑なストラットではないようですし、ジオメトリーなんかもよくなっているんだとおもいます。
実際に、鈴鹿では4秒以上も速く走れるらしいですしね。

しかし、今の自分にこのシビック タイプRが欲しいかって言われても、そうでもないです。所有するヨロコビを感じないような。
サーキットに頻繁に通っているなら、ほぼノーマルのままサーキットを走れるタイプRは買いなんですが。
このクルマなら、また鈴鹿サーキットを走ってみたいですね。
d0041352_157206.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-04-29 02:11 | クルマ


<< 試乗の最後は207GT      お次の試乗はAudi >>