2007年 07月 08日
デミオをCheck!
フルモデルチェンジされた、デミオを10分程度だけど、チェックしてきました。
想像以上にダウンサイジングされている感があり、フィット路線から決別し、ヴィッツ路線へとチェンジですね。
これはこれで、ある程度荷物を載せたい法人ユーザーからは微妙なポジションになるかもしれません。うちの会社も、ある程度荷物を載せたいので、フィットなんですが。

デザインはかなり頑張っているように思います。ただし、ターゲット層は、狭そう。
1.3Lの売れ筋になるだろうグレードは、14インチのようで、スイフトのように15インチ大径タイヤではない。だから、タイヤ&ホイールの押しの強さみたいな感じはありません。
細かいことですが、ワイパーもエアロワイパーじゃなくて、普通のタイプでした。

そして、インテリアをみると、小物入れやカップホルダーなどの使い勝手はイマイチでは。
シフトレバーがPポジションに入っていると、エアコンの操作がし辛かったし、シフトレバー周辺は窮屈な感じがします。
1.3Lにはタコメーターも標準でついていませんでした。
ただし、展示車はレインセンサーやオートライトはOP装備されているんですね。
シートの作りは日産なんかより好印象。シートポジションも、ミニバン的ではなくてセダン的に乗れます。シートリフターの調整幅も大きくなっていました。フィットは殆ど調整幅ないです。
このところマツダで広く採用されている、ジャックナイフ式のキーがデミオにも採用されていました。OPで携帯しているだけで、開け閉めやエンジンスタートできるキーもありますが。

全般的には、フィットと比べると、ルーミー(松任谷さんの言う)な感じはありません。リアシートも広さ感はありません。
リアシートベルトのバックルは固定されていないし、中央席は2点式。2007~2008年モデルとして考えるとどうなんでしょう?

技術的には、CVTと高張力鋼板を多様してボディ100kg位を軽くして燃費性能も稼いだように思えますが、基本はダウンサイジングのお陰なんでしょうか?
ESP(DSC)がオプション設定にすらないのも、2008年に掛けて売る商品としてはいかがなものか。シートベルトといい、ESPといい、安全デバイスを削って、コストを稼いでいるようで、ユーザーを馬鹿にしているように思いますが。

乗ってみたらきっとでよく出来ているんでしょうけど、フィット路線の方が好きだったので、微妙なクルマになってしまいました。
ヴィッツよりフィット、スイフトに魅力を感じている人には、ダメかもって事です。
2代目フィットが成功するかどうかわかりませんが、新しいデミオは路線をあえて外してきたんでしょうか?

さあ、9月~10月に登場するフィットが楽しみになってきました。
d0041352_22264354.jpg

d0041352_22265055.jpg

d0041352_222658100.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-07-08 23:00 | クルマ


<< 法多山のだんご      ホンダの最新ナビ >>