2007年 10月 11日
次期GT-R予約開始されたが・・・
次期GT-Rの予約が開始されたそうですが、いろいろと不思議な部分などがありますね。
まず、予約するには予約金が要るようですね。
さらに、誓約書なるものも存在するらしく、その中には理解しにくい部分が・・・。
ニスモ、日産純正パーツ以外を装着するとメンテできないだとか、サーキット走行をし不具合が出た場合には保証しないとか、通常の日産車よりもメンテが特殊だよなどなど。

今回のGT-R、メンテナンスは専用の設備を要するディーラーのみで行うようです。
ブレーキパッド交換は、ローターと同時交換が必須だとか。
ブレーキ関係とタイヤ交換には、100万円近くかかるそうな・・。

詳細なログも取られるらしいので、過度な走行はNGなんでしょうか。リミッターカットなどもご法度なんでしょうかねぇ。
日産は広報車でサーキット走行をNGにするケースが過去にありましたが(特にトルコンAT仕様のクルマなど)、今回のGT-Rも貸し出しNGだったりして(笑

スーパーカーだということで売りたいことはわかりますが、今までのR34GT-Rなどでスポーツ走行を楽しんでいた方なでには受け入れにくいクルマになってしまったような感じがしますね。
世界をマーケットにするとこうなってしまうのでしょうか。
ニュルでのパフォーマンスを売りにしている車で、サーキット走行にも十分な性能を持っていると思われるクルマなのに、サーキット走行はNG的な売り方はいかがなものかと。
スポーツカーを売る以上は、スポーツ走行する機会をユーザーに提供し、ドライビングスキルをアップさせるプログラムを提供するなどをする義務があると思いますけどね。
ホンダには、手軽にスポーツ走行を始められるタイプRがあったり、マツダにもロードスターがあるわけで、日産にはその辺から考え直して欲しいような。マーチの12SRというクルマはありますけども・・・。

ここまできてしまうと、ポルシェなどに路線変更する方もいるのかなぁって思います。
まぁ、今回のGT-Rは、価格が価格で、維持費も相当掛かるようなので、限られたドライバーだけに該当する話なんですが。
なんだか、日産には厳しいコメントになってしまいます。
d0041352_014136.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-10-11 00:07 | クルマ


<< 新型フィット発表      M3にセダン登場 >>