2007年 11月 05日
[試乗]インプレッサWRX STI
インプレッサのSTIバージョンが登場しましたので、試乗にDへ行ってきました。
展示と試乗と2台あり、多くの人が試乗をしたりと結構人気のあるクルマでした。
「WRX STI」と”WRX”という名称が残ったようですが、必要だったのかな?”STI”だけでいいんじゃないのって。

スタイリングは、S-GTとは別物と言っていい感じで仕上がっています。ランエボよりは好きです。
前後245/40-18のタイヤを履いていますが、オーバーフェンダーが特徴ですね。
d0041352_0213031.jpg

室内では、STI専用としている部分も若干ありますが、基本的にはインプレッサを準じているわけで、質感などに関してはぼちぼち。天井などの生地がショボイように思いましたが。
d0041352_0234943.jpg

d0041352_024098.jpg

リアシートからの眺めはこんなもん。
d0041352_022777.jpg

試乗車も展示車もシートはノーマルで、OPのレカロの出来が気になります。ノーマルシートは、ランエボに標準のレカロなどとは違い、ホールド性などはあまり強くないです。あたりも柔らかくなっています。

試乗は街中を走る程度だったのですが、好印象でした。
クラッチは軽くなっているし、繋がりもホンダを知っている人間には近いものがありました。クラッチペダルで気になったのは、ペダルに滑り止めがされていないのか、靴によっては滑りやすいかも。
シフトフィールは、以前のスバルのひっかるような印象は少なくなっていてこれも好印象。ストロークは旧型より長くなっているって営業マンが言っていました。

エンジンは、さすが300馬力オーバーって感じです。重くなった車重ですが、それでもターボが効き始めるとパワフル。1速から2速で全開でシフトアップしてもトラクションが掛かるあたりはやっぱりAWDですね。
低回転ではフレキシブルではなく、街中などではかったるいかな。

SI-DRIVEは3モードありますが、インテリジェントモードはブースがかなり絞られる様子。ギミックに飽きてくる頃には、スポーツモード、スポーツ#モードで落ち着くのでは。燃費に影響が大きいのであれば、インテリジェントモードも使うのかな?
d0041352_010107.jpg

走りは、しっとり感が出てきて、大人になったなぁって事です。今までのカルトカー的なSTIからは、かなり進化したと思います。個人的にはこういう方向を望んでいましたし。振動、乗り心地に全く不満は出ませんでした。ハンドリング的な部分はどうかわかりませんが、S-GT比で大分重くなっていて1500kg近い車重は大敵でしょう。
ちなみに、ガンさんは、サーキットを走るなら1300kg位までに抑えないと、コーナーでは絶対的に不利だといっています。求心力の強いタイヤなど履いても、悪循環なだけなんですよね。

スタビリティーコントロール(VDC)、サイド&カーテンエアバッグが標準になったのはエライですね。スタビリティコントロールに関しては、走りの面でも必要だったんでしょう。積極的に活用してクルマを安全に曲げると。完全OFFは付いていますので、サーキットでもOKでしょう。

ランエボと同じくTMSに次期を合わせてきたインプレッサWRX STIですが、方向性は理解できるし、プレミアムな方向へ一歩進んだんだと思います。
今後のインプレッサのSTIの進化し関しては、2ペダルをスバルがどう考えているのかということと、軽量Ver(サーキットユース)の2つが気になりますね。
あとは、今回は技術的には目新しいものはありませんでしたら、今後に期待ですね。DCCDは以前のモノからは大きな変更もないようですし。

ランエボXより全然好きです(笑
d0041352_0222943.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-11-05 00:32 | クルマ


<< [試乗]新型フィット      [試乗]スカイラインクーペ 3... >>