2007年 12月 25日
インターナビの通信料金
インターナビプレミアムクラブを利用するには、携帯を使った通信が必ず必要となります。ホンダではウィルコムと提携しインターナビ専用定額プランを使える通信カードを用意しています。が、今回の新型フィットにはPCカードスロットが、コストダウンを理由に削除されたので、インターナビに接続するには携帯でBluetooth経由でナビに接続する必要があります。
ってことは、パケット代なりデータアクセスの通信料金が掛かります。

これが、携帯の料金プランによってかなり通信料金が掛かることがわかりました。
インターナビVICSを接続し、自車位置周辺のVICS情報を取得するのに、100パケット~200パケット位掛かっているようです。情報が多い地域と少ない地域(大都市では多い)で全然違います。
200km近い目的地をセットした場合の、インターナビVICS情報取得に300パケットを超えるときもありました。

携帯のパケット代金を見ると、1パケット0.2円とか0.02円とプランによってまちまち。
ダイアルアップ接続(64K接続)の場合も、30秒単位で課金されますが、この料金も色々。

<ソフトバンクの場合のパケット料金一例>
 ホワイトプラン、ゴールド、ブルー 0.2円/pkt
 オレンジプラン 0.1円/pkt
 ブループラン+パケット定額 0.02円/pkt
 ブループラン+パケット10 0.1円/pkt
 ブループラン+パケット30 0.05円/pkt

 ※150パケットの場合
  0.2円/pkt = 30円
  0.05円/pkt = 7.5円
  0.02円/pkt = 3円

ソフトバンクのホワイト&Wホワイトには、パケットし放題を付けてもパケット単価が安くならないので、インターナビには不向きです。
Wホワイトは64Kデータアクセスが、18円/30秒ですから、短い通信時間ならと思いますが、30秒で通信が終わることばかりではないし、通信回数を重ねていくと割高になってきます。

ドコモのコピープラン「ブループラン」にはプランが色々と選べるので、ブループランにパケット定額(3900円)または、パケット30(3000円)当たりを組み合わせるのが良さそうです。

現在、Wホワイトの携帯で接続していますが、1日の通信料金が1500円近くいったときもありました。このときは、長距離+大都市+接続周期短めでしたが。通常の走りでも1日平均500円位は掛かっています。
こんな通信料金が毎日掛かると、常用するにはちょっと難しい(会社の経費だけど)。

そこで、Wホワイトからブループラン+パケット30にしてみます。パケット30にしたのは、3000円のオプション代金がそのまま通信料金に割り当てられるからです。パケット単価だけで見れば、パケット定額が安いのですが。
これで、1ヶ月使ってみて場合によっては、ブループラン+パケット定額にしてみようと思います。ソフトバンク同士の通話定額が使えないのは痛いのですが、他社への通話が多いしいいか。

定額で使えるように考えてくれないと、インターナビを常用しようと思う人は少ないと思います、ホンダさん。パイオニアのスマートループにも定額プランが用意されていないので、通信料金が気になっている人はいるはず。
ホンダは、新型フィットでインターナビを使う人向けの定額を考えるべきでは。早い話、ウィルコムみたいに、外部通信機器と接続した場合も、パケット定額対象になれば良いのだけど。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-25 03:20 | FIT


<< GT-R × 黒沢元治      年賀状作り >>