2007年 12月 27日
GT-R × 黒沢元治
ベストモータリング2008年2月号に、遂にR35 GT-Rが登場しました。注目していたガンさんの評価も予想以上に高くビックリしているところです。
d0041352_22161152.jpg
16年前にR32 GT-Rをニュルでテストし、R33 GT-Rでもニュルを走ったガンさん。R34も登場後すぐにテストしてきたガンさんのコメントが非常に気になるわけです。
R32 GT-Rでは、ニュルで240km/hしか出ないし、タイムは8分20秒台と現在のハイパフォーマンスカーとは別次元だったと懐かしく思い返しました。

ガンさんは、軽さが一番といつも言ってますが、今回のGT-R 1740kgもあります。サーキットを走る上で、1300kg以下が望ましいと言っていたような気もします。
が、評価は以外にも重さの割りに、「良く止まり」「良く曲がり」「トラクションもかかり」と、高い評価をしていました。

仙台ハイランドで一部ウェット路面にて2分2秒をマークしていましたが、相当速いクルマになっているようです。登りコーナーでアンダーステアが気になるとコメントしている程度で、他ネガな部分はないというものでした。

最後にはニュルに持っていって、走ってみたいとコメントしてましたが、それだけ興奮させるクルマのようです。
ぜひ、ニュルアタックが実現する事を願いたいと思います。

ガンさんのGT-R評価は、GT-RWORLD.netでも書かれていました。
GTR-WROLD.net:http://www.gtr-world.net/
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-27 22:17 | クルマ


<< スマート地図更新 2007年12月版      インターナビの通信料金 >>