2008年 04月 17日
オートライトについて
最近のクルマは、コンパクトカークラスからオートライトが付いていることが多くなりました。日産は積極的だったと思いますが、ホンダも新型フィットのHID装備車にはオートライトが装備されました。

このオートライトの考え方に疑問があります。

国産車は、短い時間暗くなるだけでライトが点灯します。高速道路で橋の下を通り過ぎるだけでライトが点くトヨタ車をよく目にしますよね。このときは、だいたいスモールライトだけ点く様になっています。
そして、薄暗くなり始める夕方になると、まずスモールライト(ポジションライトとか車幅灯というやつ)だけ点灯し、さらに暗くなるとヘッドランプがやっと点灯するようになっています。
ホンダのフィットもそういう仕様になっています。ちなみに、国産の高級車には感度設定がありますが、フィットクラスには感度設定はないです。

これらのロジックに疑問を感じています。

そもそもスモールライトだけ点灯させる必要が無いと思います。ONかOFFでいいはずなんです。
欧州車のオートライトは、スモールだけ点灯することは無いはずです。VW ゴルフだって、BMW 3シリーズだってそうでした(BMWにはオートライトの感度設定はありましたが)。
ゴルフのライトスイッチの、オートポジションには”トンネルのアイコン”が描かれているから、トンネルを出たり入ったりするときに正常にON、OFFすればよいって考えなのかもしれません。でも、Audiは「AUTO」って表記されてたような。

薄暗くなったらヘッドライトONにすべきです。よくパトカーが薄暗時にスモールで走っているのも問題。
雨の日などの高速道路でライトを付ける人が大分増えたと思いますが、それでもスモールライトで走行するクルマも多数いますよね。

このスモールライトだけで走行するのって、バッテリーを労わったりした時代の名残なんでしょうか?
信号待ちでヘッドライトを消すのと同じ?

これら、日本の自動車文化が悪いんでしょう。だから自動車メーカーもオートライトのセッティングを、スモールから点灯させるようにさせているんだろうと思われます。

ゴルフVのオートライトは、途中から仕様変更され、点灯タイミングが若干遅くなった日本向けが仕様があります。うちのGTIもアップデートでそうなりました。これも、日本国内のユーザーから指摘があったんでしょうね。あまり暗くないのにライトが点くって。
でも、スモールだけ点灯する仕様ではありません。

日本は、欧州の自動車文化には追いつけませんね。
d0041352_22501572.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-04-17 22:59 | クルマ


<< フィットの不満点      tulip >>