2008年 05月 13日
DCT続々
VW/Audi系のDSGから始まったDCTですが、BMWにもM3コンバーチブルから搭載されるようですね。
「M DCT」と呼ばれるようですが、”M”が頭についているって事は、M以外の搭載にはまだまだ先ってことなんでしょうか。M3のクーペやセダンにももちろん搭載されると思いますから、日本市場でも人気がでそうですね。
今までのSMGのように、変速スピードの調整機構が付いています。

ポルシェも準備中。Audiも縦置きエンジン用S-tronicは準備はほぼ完了って事だろうし(Q5から搭載?)、続々と搭載が進みそうです。

AudiのA3がマイナーチェンジを受けるようですが、乾式クラッチの7速S-tronicが搭載されていくようです。1.4TFSIに始まり2.0TFSIにも順次搭載されるようです。トルク許容量の問題もクリアしつつあるって事でしょうか。
ってことは、いつの日かVW ゴルフGTIにも、乾式クラッチ仕様の7速DSGに置き換わるんでしょうね。ゴルフVで実現するかどうかは微妙か。
ゴルフ Eに変わるグレードが、1.4L+乾式クラッチ仕様の7速DSGにチェンジはもうすぐですね。

VW、Audi系のスポーツグレードには、変速スピードの調整が出来るようなギミックが欲しいですね。スポーツグレードと非スポーツグレードの差別化も欲しいですよ。アウディ ドライブセレクト
当時は、GTI/GTXにしか載っていないDSGを選んだんですが、セッティングは違うにしろ今ではトゥーランにまでDSGですからね。

あれっ、日本ではGT-Rとランエボのみ。何で?
[PR]

by dc5_inte | 2008-05-13 23:28 | クルマ


<< クラウンの象徴      海岸 >>