2008年 08月 29日
インターナビが進化
ホンダのカーナビ「インターナビ」が新機能を搭載して、来月発売のレジェンドから搭載していくとの事。

「インターナビ・ルート」と呼ばれる機能は、ルート探索をナビ本体ではなく、サーバー側で行い配信するというもの。だから、今まで難しかった細かな探索条件でルートを引くことが可能になっている。
日産の「カーウィングス」も、サーバー側でルート計算をし、ダウンロードする仕組みをとっていた様な気がします。

ルート探索条件は5つ。
最速/最速一般道優先、省燃費、ETC割引、スマートルート、シーニックルート。

「省燃費ルート」では過去フローティングデータから加減速データを算出し、燃料消費が少なくなるルートを引いてくれるあたりは、ガソリン高の時代を象徴していますね。レジェンドからは燃料消費量もフローティングデータと一緒にアップロードするようですから、通信インフラが重要になりそう。ウィルコムの通信カード以外でのデータ定額を早期に実現してもらいたいですね。「Yahoo!ドライブ」との提携も発表されましたから、softbankと何とかならないのでしょうか?

このルート探索の中では「スマートルート」が一番使えそうです。所要時間と有料道路料金のバランスが取れているそうです。
ちなみに、現在のインターナビの「推奨ルート」でも、高速道と一般道の所要時間の差が少ないときは、一般道を案内することが多いです。

今回の発表では、パイオニアの「スマートループ」とのプローブデータの共有も発表されました。これにより、情報の鮮度が上がればよいのですが、元々パイオニアの「スマートループ」ユーザーは少なそうだから、パイオニアユーザーにはメリットがあるでしょう。

9月発売のレジェンドのナビはVGA液晶になっているのもインターナビとしては初かな。TVはワンセグらしい。開発はパイオニアが担当しているそうです。MC前のレジェンドはアルパインだったはず。

インターナビは、予想所要時間の精度が高いので、非常に助かっています。長距離を走っているときには、運転時間の目安を知りながら運転できるので、気持ち的にも楽なんですね。

インターナビ・ルート
http://www.premium-club.jp/technology/technology_root01.html

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-29 23:11 | クルマ


<< 「職権乱用」      iPod nano >>