2008年 10月 14日
ゴルフVI GTI
パリサロンにて、ゴルフVIが展示されると同時に、早くも新型GTIもSTADYモデルが発表となりました。
しかも、WEBCGの記事を読むと、日本国内にゴルフVIが2009年中頃、同年中には新型GTI導入と書かれています。ペース速過ぎですね。

かなりの部分がゴルフVと共有されるゴルフVIですが、エクステリア、インテリアともにVの面影が多数見受けられる。Vオーナーとしては新鮮味が無い・・。
しかし、デザインが洗練され、走りも良くなっているのでしょう。新し物好きだから、新型には好意的であります。現物見たら欲しくなるんだろうなぁ。

さて、GTIを細部をチェックしてみると、エンジンは+10psの210psになり、最高速240km/h(6MT)と進化しています。
デバイスとしては、DCCと電子制御LSD(XDS)が新たに追加されている。
このXDSというのが気になりますね。200馬力overのFFに、LSDがないとトラクションが掛からないので、走りに大きく影響しそう。これは、どういったモノなのか?
軽量化もどのくらい達成しているのかも気になりますね。燃費にも走りにも影響大ですからね。
新型GTIのSTADYモデルでは、DSGに関してのアナウンスがないのですが、6速なのか7速かのか?そうせなら、7速の方がいいや。

来年の東京ショーでは、GTIの実写見れそうですね。もしくは、走り始めている時期なのか?
d0041352_05609.jpg

d0041352_0552170.jpg

d0041352_0561073.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-10-14 00:57 | GTI


<< COSMOS 再び      ステアリング交換・・他 >>