2008年 10月 24日
シビックって
新型オデッセイよりも、シビックに感心することになってしまいました。
行きつけのDには、普段置いていないシビック ハイブリッド(シビックもない)の試乗車があったので、試乗してみることに。

FDシビックはさっぱり売れていませんが、走りの性能はかなり評価が高いクルマで、前々から気になる存在でした。
タイプRも、スタンダードのシビックの基本性能が高かったので、ボディの補強は最低限で済み重量増も抑えられたと言われています。

ホンダのハイブリッドは、アイドリングストップ以外はエンジンが止まりません。モーターはアシストするという考え方。プリウスよりも簡易的と言っていいのかな?

走ってみると基本性能の高さをまず感じました。腰高感が無く、ハンドリングがシャープで素直。ワイドトレッドが効いているんでしょうか、かなりスポーティーでした。
タイヤの性能よりも、シャシーの方がかなり勝っていました。
新型フィットの頼りないハンドリングとは、段違いでイイですね。
アクセルペダルが、オルガン式にしているあたりも、欧州的というか開発者の志しの高さを感じました。

ハイブリッドとしては、聞き慣れない音が聞こえてくる事と、アイドリングストップ後の再始動時の若干の違和感などが気になる程度でした。
ブレーキのフィールは、リニア感が無かったけども、ペダルの剛性感はありました。

専用ボディのプリウスの方が、ハイブリッドシステムの仕上がりや、燃費性能、デザイン性など商品性の高さは感じますが、走りに関してはシビックの方が好みですね。
新型インサイトは専用ボディで登場しますが、走りはフィットみたいに薄っぺらいのかなぁ。

フィットRSに、オプション満載にして250万以上払うのなら、ボディサイズは大きいけどシビックハイブリッドも良い選択かもと思ってしまいました。
d0041352_0594332.jpg
d0041352_0595044.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-10-24 01:00 | クルマ


<< ガソリン価格      新型オデッセイ >>