2008年 11月 17日
インポートカーオブザイヤーのC5
先日、COTYの発表がありイヤーカーはiQに、インポートカーオブザイヤーにC5が選ばれました。

10ベストカーに選ばれたA4の方が得点が少なかったのですが、ハードウェアとしてはA4の方が上という話が多いようですね。
実際に、C5を試乗してきました。プジョー乗りの友達の所要に便乗して。

試乗したのはC5 セダンの3Lモデルとなり、足回りは例のハイドラクティブIIIプラス。今回のC5はドイツ車的な匂いがします。
特にデザインはアウディっぽいような気もしますし、走りもドイツっぽいのだろうかと。

ひと言で表すのは乱暴なんだけど「独特な乗り味」のクルマということでしょうか。C6の小型版という感じもしました。ドイツ車とは全然違う乗り物なんだと。

これは、長距離ドライブをしたら素晴らしく良いんだろうか・・・。
ただし、1700kgオーバーの車重で、あのエンジンは非力かなぁと。

インテリアの質感は上質でした。メーターはお洒落だったし、照明の使い方も上手。

でも、A4のダイナミックな走りはやっぱり好き。
各部の剛性感や、ステアリングのレシオやエンジン特性が変えられるギミックも走り好きにはたまらない。BMWも同じく走り好きにはやめられない魅力がある。

シトロエンだって、走りのイメージをWRCで作り上げている。
でも、ドイツのそれとは違う。
これだから、ヨーロッパのクルマは楽しい。
d0041352_1395591.jpg

d0041352_140757.jpg
d0041352_1401814.jpg
d0041352_1402716.jpg
d0041352_1404936.jpg
d0041352_141055.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-11-17 01:44 | クルマ


<< A3 Sportback 1....      紅葉 >>