2009年 02月 09日
Honda Green Machine 001
Honda Green Machine 001のインサイトに乗ってきました。
ちなみに 002 は、シビックハイブリッドになっていました。

今回のインサイトは、フィットベースということでエクステリアやインテリアなどフィットと同様な構成となっていました。
d0041352_22551634.jpg

d0041352_22554030.jpg

エクステリアは、思ったよりは小さいボディと全高が低いということ。

インテリアはフィット同じレベルに仕上がっているわけで、よって質感は高くない。

空力を意識したボディ形状のせいで、前席はAピラーが迫っている感じがし、後席はヘッドクリアランスが殆ど無い。
特に後席のヘッドクリアランスの設定には疑問。腰を深く座り、背筋を伸ばすと天井に当たる感じがするし、ヘッドレストも高さが足りない。
後席に3人分のヘッドレスト&3点式ベルトが装備されたのに、空間が狭い。バックルも自立式だったのに。

d0041352_22583079.jpg

d0041352_22585499.jpg

d0041352_230413.jpg

シートポジションをセットして走り出しました。シートポジションはフィットよりもかなり低くなっているので、高い位置に座っている感は少ない。

走り出すとフィットと同じ感覚で走れる。逆に言うとプリウスのようにモーターだけで発進するという技はないので、未来感はない。
メーターは負荷によって色が変わるので、嫌でもアクセル開度に気を使ってしまう。

信号待ちでブレーキを踏んでいるとアイドルストップとなった。エアコンも同時に止ってしまう。プリウスやシビックハイブリッドはバッテリーでエアコンが動作するはず。夏場の暑い時期で、風量ゼロの空間は辛そう。エアコンが必要な場合には、アイドルストップしないのかな?

動力性能は、フィット1.3と1.5 RSの中間位かな?
ハンドリングもフィットより進化している様子。座っている位置が低いことも、好印象だった。

TRIP Aをリセットしてスタートし7.6kmの試乗で15.1km/lという結果だった。多分、朝一番の始動で冷間状態だったとか、アクセル全開もあったりしたので、まずまずの結果かな。
燃費履歴を見ると17km/l~20km/lを表示していたので、フィットよりも燃費は確実に良いでしょう。
d0041352_22591414.jpg

d0041352_22593174.jpg

現在のガソリン価格では、ガソリン代と初期コストのバランスでフィットでもいいかってなってしまいそう。
[PR]

by dc5_inte | 2009-02-09 23:03 | クルマ


<< 平等院      umi >>