2009年 04月 11日
ゴルフ6をチェック
d0041352_118648.jpg

土日にディーラーへ行けそうに無いので、ゴルフ6を見てきました。
TSIコンフォートライン、TSIハイラインどちらもあり、ハイラインは試乗車となっていました。

まずは、コンフォートラインを見たのですが、エクステリアのデザインはやっぱりいいんじゃないでしょうか。ボテッとしたゴルフ5から比べると。

問題はインテリアです。ゴルフ5ユーザーからすると新鮮な印象がまったくない!
ドアの部分は変わっていますが、それ以外はほとんど同じ。
ゴルフ5に装備されていた、エアコンの間接風を作り出すセンターの吹き出し口は廃止されていますね。コストダウンってことか。
ハイラインに装備されているクルーズコントロールのスイッチは、ONとOFFの間にCANCELがあって使いやすそうです。
PWのスイッチのクローム処理は、コンフォートラインにはありませんでした。

細かくチェックしていくとコストダウンされている部分もあったりします。(ゴルフ5の後期は既にされていたりする部分もあったんですが)

試乗車が空いたので、TSIハイラインを走らせることに。

DSGはやっぱり、動き出しがギクシャクする感じがします。また、ツインシャージャー仕様のTSIは、低速域でトルクの変動を感じる部分があるんですよね。

さて、走り出すとエアコンの音が気になったわけですが、これは静かになったということかな。
エアコンの風量も落ち着くと、静かになっていることを再確認。エンジンからの透過音、ロードノイズ、排気音などのあらゆる音が入り難くなっています。

メーターの視認性も向上。ブルーのイルミネーションを卒業した?VWですが、ホワイトの文字表示は見やすいんですね。マルチインフォメーションディスプレイも、ナビ未装着でも大きく鮮明になっています。

動力性能は、ゴルフ5のGT TSIの方が元気があるように感じましたが、必要十分。
7DSGはかなり低回転を使いたがるので、ノッキングしているような領域も積極的に使って走るようです。燃費はかなり、期待できそうですね。
ハンドリングはゴルフ5から大きな違いは無いような気がします。足回りはジオメトリーも同じでしたっけ?
ハイラインに関しては、エンジンマウントの動きが大きい感じがしましたけど。

ちなみに、タイヤはハイラインにはミシュラン、コンフォートラインにはグッドイヤーが装着されていました。

ゴルフ5からの正常進化といった感じです。Cセグのベンチマークはさらに進化したということでしょうか。
しかし、インテリアに変化が欲しかったです。
GTI導入が楽しみです。

以下、気になる部分の写真。
d0041352_1181336.jpg


d0041352_1182393.jpg


d0041352_118298.jpg


d0041352_118352.jpg


d0041352_1184286.jpg


d0041352_1184769.jpg


d0041352_1185420.jpg


d0041352_1185944.jpg


d0041352_119513.jpg


d0041352_1191093.jpg


d0041352_119151.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2009-04-11 01:34 | VW


<< 茶摘み体験      ゴルフ6 発表 >>