カテゴリ:FIT( 25 )

2007年 12月 28日
スマート地図更新 2007年12月版
先日、フィットのエンジンを始動させて走り出そうしたら、ナビが新規道路があると、アナウンスしてきました。
首都高 中央環状新宿線の開通にあわせて、新規道路データが配信されたようです。
d0041352_23151241.jpg

この新規道路のダウンロードには、約3000パケット(約380KB)掛かるようです。1パケット 0.2円計算で、600円。0.02円で60円。

配信される道路は、画像での確認することが出来ました。インターナビプレミアムクラブの会員サイト内にも、配信道路の詳細データや、今後配信が予定されている道路も確認することが出来ます。
d0041352_231532100.jpg

今回の更新では、名古屋高速は恩恵に預かれるかも。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-28 23:16 | FIT
2007年 12月 25日
インターナビの通信料金
インターナビプレミアムクラブを利用するには、携帯を使った通信が必ず必要となります。ホンダではウィルコムと提携しインターナビ専用定額プランを使える通信カードを用意しています。が、今回の新型フィットにはPCカードスロットが、コストダウンを理由に削除されたので、インターナビに接続するには携帯でBluetooth経由でナビに接続する必要があります。
ってことは、パケット代なりデータアクセスの通信料金が掛かります。

これが、携帯の料金プランによってかなり通信料金が掛かることがわかりました。
インターナビVICSを接続し、自車位置周辺のVICS情報を取得するのに、100パケット~200パケット位掛かっているようです。情報が多い地域と少ない地域(大都市では多い)で全然違います。
200km近い目的地をセットした場合の、インターナビVICS情報取得に300パケットを超えるときもありました。

携帯のパケット代金を見ると、1パケット0.2円とか0.02円とプランによってまちまち。
ダイアルアップ接続(64K接続)の場合も、30秒単位で課金されますが、この料金も色々。

<ソフトバンクの場合のパケット料金一例>
 ホワイトプラン、ゴールド、ブルー 0.2円/pkt
 オレンジプラン 0.1円/pkt
 ブループラン+パケット定額 0.02円/pkt
 ブループラン+パケット10 0.1円/pkt
 ブループラン+パケット30 0.05円/pkt

 ※150パケットの場合
  0.2円/pkt = 30円
  0.05円/pkt = 7.5円
  0.02円/pkt = 3円

ソフトバンクのホワイト&Wホワイトには、パケットし放題を付けてもパケット単価が安くならないので、インターナビには不向きです。
Wホワイトは64Kデータアクセスが、18円/30秒ですから、短い通信時間ならと思いますが、30秒で通信が終わることばかりではないし、通信回数を重ねていくと割高になってきます。

ドコモのコピープラン「ブループラン」にはプランが色々と選べるので、ブループランにパケット定額(3900円)または、パケット30(3000円)当たりを組み合わせるのが良さそうです。

現在、Wホワイトの携帯で接続していますが、1日の通信料金が1500円近くいったときもありました。このときは、長距離+大都市+接続周期短めでしたが。通常の走りでも1日平均500円位は掛かっています。
こんな通信料金が毎日掛かると、常用するにはちょっと難しい(会社の経費だけど)。

そこで、Wホワイトからブループラン+パケット30にしてみます。パケット30にしたのは、3000円のオプション代金がそのまま通信料金に割り当てられるからです。パケット単価だけで見れば、パケット定額が安いのですが。
これで、1ヶ月使ってみて場合によっては、ブループラン+パケット定額にしてみようと思います。ソフトバンク同士の通話定額が使えないのは痛いのですが、他社への通話が多いしいいか。

定額で使えるように考えてくれないと、インターナビを常用しようと思う人は少ないと思います、ホンダさん。パイオニアのスマートループにも定額プランが用意されていないので、通信料金が気になっている人はいるはず。
ホンダは、新型フィットでインターナビを使う人向けの定額を考えるべきでは。早い話、ウィルコムみたいに、外部通信機器と接続した場合も、パケット定額対象になれば良いのだけど。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-25 03:20 | FIT
2007年 12月 20日
インターナビの実力は?
ホンダの純正ナビ「インターナビ」を使ってみてのレポートをしてみたいと思います。

注目は、世界初搭載したフローティングカーシステムを取り入れたVICS機能に尽きると思います。通常のVICS情報の約8倍の情報量を持っているので、VICS非対象道路でも、渋滞情報やリンク時間(通過時間)を取得できます。これには、ユーザーの積極的なデータアップロードが必要となりますが・・・

フローティングデータの鮮度や精度が高いと思われる、大都市圏では効果があるように感じました。
名古屋市内に向かってルート案内をさせたときには、可能な限り短い時間で到着できるようにルートを選んでいるように感じました。混雑が始まりそうな場所に入ってきたところでインターナビVICSの受信間隔を15分に設定して走行していると「代替ルートがみつかりました」を表示され、新しいルートに頻繁に更新されていました。
実際に、早く目的地に到着出来ているのかはわかりませんが、かなりマニアックな道を案内される事もあるし、同じ目的地でも毎回ルートが違うので、積極的にルートを選んでいることが分かります。

たとえば、通常のナビでは、現在のVICS情報で高速が渋滞していなければ、一番近い高速ICに乗ってというルートが引かれることが多いと思いますが、インターナビでは多くの一般道のリンク時間や、過去の渋滞予測なども考慮されるので、一般道を走行しひとつ先のICから高速に乗るルートを引いてくれたりします。最寄の高速ICまで走行する時間より、ひとつ先のICまで走った方が速いってことなんだと思います。
d0041352_0405278.jpg

d0041352_0411389.jpg

実線がVICS情報。破線がフローティングデータ。

そして、到着予定時間が普通のナビよりも正確な事もわかりました。到着予定時間が正確ということは、リンク時間が正確ということなので、実際に渋滞多発地域においては、インターナビの渋滞回避能力はあるということになると思います。
しかし、その差は、僅かとは思いますが。それでも、スムーズに走行できて、到着時刻が正確に把握できると、運転していて楽ですね。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-20 00:53 | FIT
2007年 12月 09日
インターナビ スマート地図更新を試す
新型FITから搭載されたインターナビ・プレミアムクラブの新機能「スマート地図更新」を試してみました。
スマート地図更新には、「新規道路データ配信」と「スマート全地図更新」があって、携帯を使ってリアルタイムに更新する「新規道路データ配信」を試してみた。

新しい道路がないかはインターナビ接続時にチェックされていて、ダウンロードされていないデータがあると、ダウンロードし更新することが出来る。
また、メニューからダウンロードしなくても、ルート探索時に目的地方面に新規データがあると、ダウンロードしルート探索に生かすこともできる。

今回は「2007年10月版(357KB)」があったので、更新してみました。
d0041352_144544.jpg

現在、ダウンロードできる「2007年10月版」には、4本の新規道路が収録されています。画面上で確認することも出来ました。
d0041352_161021.jpg

携帯からのダウンロードが完了するとナビが再起動し、地図が更新されます。
d0041352_1103460.jpg

通信料金は、各キャリアの各料金プランによって全然違いますが、1パケット0.2円の単価で500円位なので、数ヶ月に1回ダウンロードするだけですから通信料金はそんなに気にならないと思います。
すべての作業は、10分掛かっていなかったと思います。

新規開通道路は、重要な路線のみですが、今までのナビのように半年~1年は道路が使えないよりは断然便利になると思います。
来年は、新名神高速も開通するし、この機能が活躍できそうです。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-09 01:14 | FIT
2007年 12月 06日
FIT発進
先週、新型フィット(1.3G、Fパケ、HID、インターナビ)が納車され毎日営業で乗り始めました。
外観は白、1.3リッター、14インチ仕様なので色気も何もないのですが、これはこれでOKかな。シルバーと迷って白にしたんですけどね。

ハンドリングは試乗した時よりは好印象ですが、パワステが軽めのセットになっているので、旧型とはステアフィールは大分違います。
タイヤの銘柄も違うので、何とも言えませんが。
足の動かし方も、旧型はとは違います。旧型もアレはアレで、良かったかな。まだ、走り始めたばかりなので、新型の良さもこれから出るでしょう。多分(笑

1.3Lのエンジンは、通常の走行では、3000回転も回せば十分で、燃費も良好。トルコン+CVTは発進のスムーズさは確実にあがっています。40km/h前後でギクシャクする事が何度かありましたが。
DBWのセットなのか、トルコンの関係なのかはまだ良くわかりませんが、走り出しのダイレクト感は薄くなっています。リバースに入れてバックするときなんか、アクセルチョイ踏みではあんまり飛び出さないセットにしてあるような。

室内は、広々。フロントウィンドウが大きいので、サンバイザーに隠れないミラー上部分から眩しく感じる時があります。上級グレードでも、ハーフシェイドガラスになっていないので、眩しいと感じる人が他にも出てくるじゃないだろうか?
質感は微妙な部分もあります。コストダウンを感じるというか。旧型初期型はステアリング表面は、特殊な加工がされていましたが、新型は一般的なウレタン。しかも、ステアリング上部にバリの大きい部分もあるし・・・。ダッシュボードの質感もこのクラスでは悪くないんでしょうけど、シボの質感はイマイチかなぁ~

HIDは旧型より配光が良くなっているようで、夜の運転もしやすくなっています。

純正ナビ「インターナビ」も大体使い方が分かってきました。ステアリングについているボリュームやCHボタンは、大変便利ですね。
インターナビ関係(フローティングカーデータ)は、また詳しく書いてみようと思います。
しかし、昨日走行中でかつ、ルート案内+CDをHDDに取り込んでいる状況で、ナビの電源が落ちて、再起動が掛かってしまいました。故障なのか?Dへ問い合わせ中ですが、HDDへ録音したCDが全部クリアーされるとか言われた嫌だなぁ。
ひとついえる事は、HDDナビ本体が発熱が大きいって事ですね。イジェクトしたCDはかなり高温になっているし、本体も暑い。
d0041352_0123892.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-12-06 00:24 | FIT