カテゴリ:クルマ( 237 )

2008年 10月 24日
シビックって
新型オデッセイよりも、シビックに感心することになってしまいました。
行きつけのDには、普段置いていないシビック ハイブリッド(シビックもない)の試乗車があったので、試乗してみることに。

FDシビックはさっぱり売れていませんが、走りの性能はかなり評価が高いクルマで、前々から気になる存在でした。
タイプRも、スタンダードのシビックの基本性能が高かったので、ボディの補強は最低限で済み重量増も抑えられたと言われています。

ホンダのハイブリッドは、アイドリングストップ以外はエンジンが止まりません。モーターはアシストするという考え方。プリウスよりも簡易的と言っていいのかな?

走ってみると基本性能の高さをまず感じました。腰高感が無く、ハンドリングがシャープで素直。ワイドトレッドが効いているんでしょうか、かなりスポーティーでした。
タイヤの性能よりも、シャシーの方がかなり勝っていました。
新型フィットの頼りないハンドリングとは、段違いでイイですね。
アクセルペダルが、オルガン式にしているあたりも、欧州的というか開発者の志しの高さを感じました。

ハイブリッドとしては、聞き慣れない音が聞こえてくる事と、アイドリングストップ後の再始動時の若干の違和感などが気になる程度でした。
ブレーキのフィールは、リニア感が無かったけども、ペダルの剛性感はありました。

専用ボディのプリウスの方が、ハイブリッドシステムの仕上がりや、燃費性能、デザイン性など商品性の高さは感じますが、走りに関してはシビックの方が好みですね。
新型インサイトは専用ボディで登場しますが、走りはフィットみたいに薄っぺらいのかなぁ。

フィットRSに、オプション満載にして250万以上払うのなら、ボディサイズは大きいけどシビックハイブリッドも良い選択かもと思ってしまいました。
d0041352_0594332.jpg
d0041352_0595044.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-10-24 01:00 | クルマ
2008年 10月 24日
新型オデッセイ
ホンダDへ立ち寄ってみました。
早速、新型オデッセイを見てみました。
新型フィットと同様にキープコンセプトで登場してきたって感じがします。リアのデザインは変わっていますが、フロントから見たスタイリングはオデッセイそのもの。でも、ワッペングリルにも似ているような・・。

新型オデッセイですが価格はアップしているようです。ベースグレードのMで260万円からの設定で、ナビとアルミホイールをOP装備すると約300万円。この価格帯でも皮巻ステアリングではないのが悲しい。
アブソルートにオプションを装備していくと、諸経費込みで400万円以上するクルマになってしまうようです。
VSA(ESC)は全車標準だけど、2列目中央シートは3点式じゃなかったり、サイド&カーテンエアバッグは標準でもない。コスト優先ですね。

アブソルートは旧型に基本的に準拠。スポーティーな専用装備でノーマルグレードとは差別化されていました。18インチが標準となります。アブソルート以外は16インチと、無闇に大径ホイールを履かしていないのは良識があるのでしょう。
パドルシフトが装備されるのはアブソルートだけ。

3列目のシートを収納しても、ボードを手ではめないと平らにならないのが気になりました。旧型には電動でシート格納をする機構までありましたが、そういった豪華装備はカットされましたね。
室内の質感を上げているんだろうけど、コストダウンも目に付きますね。

試乗車もMタイプがありましたが、なんだか乗る気にならなかった。

この不況の時期にこのクルマは、ヒット作にはなれないような気がしました。
欲しい人は買うけど、それ以上はないと言うか。価格設定を見ても強気とも思えるし。
営業マンいわく、お客さんは新型インサイトに興味が向いているとのこと。そういう時代なんでしょうか。
d0041352_0401883.jpg
d0041352_0402537.jpg
d0041352_0403572.jpg
d0041352_0404189.jpg
d0041352_0404889.jpg
d0041352_0405388.jpg
d0041352_0405917.jpg
d0041352_041541.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-10-24 00:41 | クルマ
2008年 09月 20日
[試乗]FREED
フィットのオイル交換の間に、フリードに試乗してみました。

モビリオ、スパイクの後継車種で、サイズアップをし空間にゆとりがあるということだが、スパイクの方が箱型で空間の広さがあったような記憶があります。

フリードは、フィットのプラットフォームベースとか、ストリームのプラットフォームをベースという話がありますが、ストリームのを流用が正しいのかな?

短時間でしたが走ってみた感じでは、1.5Lは1名乗車では余裕があります。多人数乗車ではきつい場面もあるかもしれませんが、Sモードにすれば高回転まで連続したパワーが続くかと。ただし、ノイジーに。
コーナーでのフロントタイヤの設置感がフィットより感じたので、足回りの動かし方が違うのかな。

しかし、トゥーランに先日乗ってしまいましたので、このフリードに関心する部分はありませんでした。
スパイクの箱型ボディに余裕の2列シート、広大なラゲッジスペースには評価してたんですけどね。
d0041352_22411335.jpg

d0041352_22412310.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-09-20 22:42 | クルマ
2008年 09月 14日
DSGが
本日は、友達の次期車探しにDを何件か行って来ました。

プジョーではデビューしたばかりの、308SWを。
これは、3列シートになっているため2列目のシートの快適性が犠牲になっていました。ハッチバックの方が全然良い。カーゴスペースが欲しいけど、2列目の快適性はハッチバックと同等の方が良いと思いました。
最新ですから、基本性能は良くできています。現ランナップでは、308がプジョー車ではベストチョイスかな。

シトロエンでは、C4ピカソを試乗。
これは、3列シートのミニバンということになるかと思いますが、デザインやインテリアの開放感は良くできています。走りは308よりは古いというか。当たりは柔らかいのですが。
本国ではC4がマイナーチェンジを受け、PSAとBMWのエンジンに置き換わっていますが、C4ピカソはどうなるのかな。

VWでは、トゥーランとゴルフ ヴァリアントに試乗。本日はゴルフのみ運転しました。
トゥーランは、140馬力仕様のTSIハイライン。170馬力仕様も気になりますが、街中ではTSIハイラインで十分なパフォーマンスがありそう。
ところが、DSGが不調のようで、出だしが唐突で、ジャダーも出る始末。5000km走行で試乗車でシビアコンディションなのかもしれませんが、ジャダーが出るとは!
今までDSG搭載車を何台か触れてきましたが、初めての出来事でした。
それ以外は、いつものVWというか、ゴルフというかよく出来ているトゥーランでした。シートに座っているだけで安心感を感じられるのは、さすがですね。
トゥーランのカタログや仕様を始めてじっくりとチェックしましたが、結構いいクルマという感がありました。

ゴルフ ヴァリアントは、2Lターボで200馬力、DSGとGTIとほぼ同じスペックを持つスポーツラインを運転してみました。
ゴルフGTI比で、全てがマイルドで優しい感じ。カーゴスペースが魅力的ならコレもアリでしょうか。ジェッタの同仕様と同じフィーリングか。
そういえば、ヴァリアントにも1.4L+ターボ+7速DSGのトレンドラインがデビューしてたんでしたね。
d0041352_22161380.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-09-14 22:16 | クルマ
2008年 09月 09日
唐沢寿明とNSX
唐沢寿明はかなりのクルマ好きと聞いていますが、先日の「未来創造堂」でNSXについて熱く語っています。

番組の中では、TSUTAYAにNSX-RのインプレッションのDVDと言っていますが、ベスモ(BMスペシャルかな?)の事ですね。
「開発の上原さんのコメント」とか、「黒沢元治さん」と言っています。
分からない人にはさっぱりの内容だったでしょうね。

[PR]

by dc5_inte | 2008-09-09 00:45 | クルマ
2008年 08月 30日
「職権乱用」
松任谷氏の「職権乱用」を買ってきました。
これから、読んでみます。
d0041352_012764.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-30 00:01 | クルマ
2008年 08月 29日
インターナビが進化
ホンダのカーナビ「インターナビ」が新機能を搭載して、来月発売のレジェンドから搭載していくとの事。

「インターナビ・ルート」と呼ばれる機能は、ルート探索をナビ本体ではなく、サーバー側で行い配信するというもの。だから、今まで難しかった細かな探索条件でルートを引くことが可能になっている。
日産の「カーウィングス」も、サーバー側でルート計算をし、ダウンロードする仕組みをとっていた様な気がします。

ルート探索条件は5つ。
最速/最速一般道優先、省燃費、ETC割引、スマートルート、シーニックルート。

「省燃費ルート」では過去フローティングデータから加減速データを算出し、燃料消費が少なくなるルートを引いてくれるあたりは、ガソリン高の時代を象徴していますね。レジェンドからは燃料消費量もフローティングデータと一緒にアップロードするようですから、通信インフラが重要になりそう。ウィルコムの通信カード以外でのデータ定額を早期に実現してもらいたいですね。「Yahoo!ドライブ」との提携も発表されましたから、softbankと何とかならないのでしょうか?

このルート探索の中では「スマートルート」が一番使えそうです。所要時間と有料道路料金のバランスが取れているそうです。
ちなみに、現在のインターナビの「推奨ルート」でも、高速道と一般道の所要時間の差が少ないときは、一般道を案内することが多いです。

今回の発表では、パイオニアの「スマートループ」とのプローブデータの共有も発表されました。これにより、情報の鮮度が上がればよいのですが、元々パイオニアの「スマートループ」ユーザーは少なそうだから、パイオニアユーザーにはメリットがあるでしょう。

9月発売のレジェンドのナビはVGA液晶になっているのもインターナビとしては初かな。TVはワンセグらしい。開発はパイオニアが担当しているそうです。MC前のレジェンドはアルパインだったはず。

インターナビは、予想所要時間の精度が高いので、非常に助かっています。長距離を走っているときには、運転時間の目安を知りながら運転できるので、気持ち的にも楽なんですね。

インターナビ・ルート
http://www.premium-club.jp/technology/technology_root01.html

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-29 23:11 | クルマ
2008年 08月 04日
A4 Avant と POLO GTI CUP
プジョーの次は、Audiも寄ってみました。
A4 Avantの3.2と1.8が展示されていました。
ココのディーラーでは、既に7台売れたそうで、実際に走っているクルマもありました。

セダンが凄い良かったので、Avantになってもその良さは変わらないと思います。
個人的にはセダンの方が好み。

2.0TFSIにSトロニック仕様がデビューしたら、欲しいなぁ。お値段的には500万Overでしょうか。
今月号のベスモで、A4 3.2が非常に高評価で、映像から伝わるその動きも抜群でした。

今欲しいクルマの1台がA4。ゴルフ6の動向も気になりますが、GTI登場まではかなり先の話だし、手の届きやすいクルマが少ないなぁ。
BMW 3シリーズセダンには、ツインクラッチ載らないようだし・・・
d0041352_0184742.jpg

d0041352_019285.jpg


その後、VWに。
Polo GTI Cup Edtionが展示されていましたが、各フェンダーにはハミタイ対策がされているのですね。
d0041352_0195793.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-04 00:24 | クルマ
2008年 08月 04日
308 GTi試乗
プジョー乗りの友達と308GTiを試乗に行ってきました。
308GTiは、3ドア+6MTのみという組み合わせで、日本国内では希少な存在かもしれません。

エクステリアでは、18インチホイールが目に入る程度で、308Cieloとの違いはあまりありません。もちろん、Cieloは5ドアですが。

まずは、友達ドライブの助手席に乗り込みます。シートは柔らかくて、サイズも大きめで快適性は高いです。走り出してもその快適性は変わりません。ドイツ的な乗り味とは違い、あたりの柔らかさがあります。
エキゾーストも静かで、207GTiよりも快適性が高く、スポーツ性よりもコンフォートを重視したということが分かります。

次は、僕がドライブしてみました。1.6Lの直噴ターボは、低速トルクがたっぷりとしていて、街中では楽チンドライブが可能。最近のターボエンジンは、違和感の少ないエンジンと言われますが、ドライブバイワイヤーなどを装備していなかった頃のNAのアクセルレスポンスとは違いますね。

速さはスペック通りといったところでしょうか。
ちなみに、MotorMagazineでのスパ西浦のサーキットアタックでは、ゴルフGTIの2秒~3秒落ちくらいのタイムだったと思います。

308Cieloで感じたステアリングの重さは感じませんでした。タイヤの違いかな?
ABCペダルが若干、左にオフセットしていたのが気になりました。クラッチペダルとフットレストあたりが若干タイト。

308GTi、快適性の高さは間違いないでしょう。プレミアムコンパクトにフランス的なスポーツ性をチョッとプラスしたような感じです。きっとで、長い距離を走ってみると、もっと良さがわかるようなクルマでしょう。
d0041352_071424.jpg

d0041352_072912.jpg

d0041352_074247.jpg

d0041352_075613.jpg


ディーラーには、207Styleというグレードがありました。210万円という価格設定は戦略的だと感じました。2トロニックと呼ばれる5速セミATに1.4リッターにという仕様。
1007は販売終了らしいので、プジョーのエントリーモデルということになります。この価格ならきっとで選択肢に入ってくる人も多いでしょうね。
d0041352_23571210.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-04 00:10 | クルマ
2008年 07月 29日
ランフラットタイヤ
最近、高速道路でのタイヤトラブルを多く目にします。
今日だけでも、往復200km位の中でも4台位はタイヤトラブルを起こして、路肩に止まっていました。

その中には、レクサス LS460も。おじさんがリアタイヤをジャッキアップして交換しておりました。LS460はランフラットタイヤじゃないんですね。
タイヤバーストを含めたトラブルには、ランフラットタイヤは有効なんだと思います。空気圧警告も有効でしょうね。
落下物にも注意が必要です。角材などを踏んだら、クルマの破損やタイヤバーストの危険があります。
d0041352_22525619.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-07-29 22:54 | クルマ