カテゴリ:クルマ( 237 )

2008年 07月 10日
ガンさんのドライビング
みんカラ内にある、モータージャーナリストの河口まなぶさんのblogに黒沢元治こと、ガンさんのドライビングについて書かれていました。

河口さんは初めて横に乗ったそうですが、その感想が昔鈴鹿で同乗したときの僕の感想と同じだったので、ここで書いておこうと思います。

ガンさんのドライビングは、とにかく操作がスムーズに行われているのは映像からもわかると思います。

しかし、そのスムーズな操作の中にも、ブレーキングはハードだったりします。そこからのコーナリングにはスムーズに移っていくんですね。摩擦円でいう縦から横にスムーズに移っていき、摩擦円ギリギリのところでコーナーリングし、綺麗に立ち上がっていく。

ベスモの別冊で「荷重マジック」というビデオがありましたが、その中ではブレーキングで前荷重になり過ぎた分を抜くという話しが出てきます。この事を今回思い出したわけです。

ガンさん語録には、「静かに静かに」のほかに、「クルマの行きたい方に行かせてあげる」という言葉があると思いますが、これはいい言葉だといつも思います。

ガンさん以外にも、プロのレーシングドライバーの横に乗せてもらったことは、3回ぐらいありましたが、ガンさんのドライビングには感動したのを今でも覚えています。
d0041352_22145046.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-07-10 01:35 | クルマ
2008年 06月 04日
C4とC6
プジョーディーラーに行った後に、シトロエンへに行きました。友達のプジョーの整備に。
こちらの地域になるプジョー&シトロエンディーラーは運営母体が同じなので、整備工場が1箇所にある珍しいディーラーなんです。

前から気になっていたC4とC6に乗ることが出来ました。
d0041352_247691.jpg

C4は運転し、C6は色々観察したかったので助手席に。
C4は308を乗った後では、ハード的に少し古い感じがしてしまいました。

C6は、なんと言っても「ハイドラクティブⅢプラス」。
その乗り味は今まで味わったことの無い世界でした。上モノがなんか気持ち悪い動きをするときがありました。不正路ではハイト調整をしているようでした。
まあ、カーグラでも絶賛のあのサスペンションに乗ることが出来て満足。
WEBサイトを見ても詳しい説明がないんですね。
d0041352_2472953.jpg

d0041352_2475770.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-06-04 02:54 | クルマ
2008年 06月 01日
Peugeot 308
プジョー308を、プジョー乗りの友達と見てきました。

展示車で308 Premium、試乗車には308 Cieloの2台が用意されていました。3ドアで6MTのスポーツグレード GTiはありませんでした。まだ、国内には入ってきている台数が限られているんでしょうね。

価格は約300万円~380万円と装備が充実した仕様(全部入り状態)のみが日本に入ってきています。お手頃価格でというわけでもなさそうです。日本国内ではあまり売れていないプジョーですから、プレミアム路線で進んでいくようですね。207もお手頃ではないし、1007はカタログ落ちしちゃうし・・・

307から比べるとエクステリアは立派になり、ワイド&ローに変身し、インテリアの質感もかなり良くなっています。オプションのインテグラルレザー仕様はかなりの質感です。ビックリしました。
Cieloのレーザーシートはよく出来ていると思います。
気になるシートポジションですが、207より低い位置に座る事もできたのが良かったです。

もちろん試乗してきました。助手席と運転席と両方体験してきましたが、足回りの動きが207より良いことに気づきました。”ネコ足”ってやつなんでしょうか。剛性感も旧型より全然高いし、心配していた4ATは今までのものより賢くなっていました。207や、シトロエン C4の4ATとは違いました。
とはいっても、ギアはロングになっているわけで、6ATの方が良いでしょう。
1.6Lの直噴ターボは、低回転でトルクが出ているので、街中での加速では不満はでないかな。非常にフラットトルクなので、違和感もないです。
気になったのは、アクセルを戻したときの減速感。ATの問題なのか207でも感じましたが。リニアに速度が落ちて欲しいかな。

質感が向上し、走りも良いしと、これはプジョーが好きな人なら”買い”ですね。
より走りが好きな人はGTiの選択肢があります。いつの日かGTiはチェックしてみたいと思います。

同じ欧州Cセグメントのベンチマーク的存在のゴルフですが、308との日本国内での違いは仕様ではないかと。ここでは、ハードの違いは置いておいて。
ゴルフの売れ筋グレードGTIは、ハイパワー&5ドア&2ペダルの組み合わせがあるから買いやすい。家族の同意も得られやすい。家族で使う場合は、これは外せないです。しかも、そこそこパワーならTSIのGTも選べるわけですから。
308には無い構成です。
フランス本国には他の仕様があると思いますけど、日本インポーターはどう考えているんでしょうか?
でも、ゴルフみたいに街中でたくさんすれ違うことも無く、そういう意味でプレミアム感は高いのかな。
d0041352_22505784.jpg

d0041352_2251847.jpg

d0041352_2251207.jpg

d0041352_22513386.jpg

d0041352_22514443.jpg

d0041352_22515442.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-06-01 22:57 | クルマ
2008年 05月 20日
クラウンの象徴
やっぱり、レースのシートカバーでしょう(笑
試乗車ですよコレ。京都を歩いていたら置いてあったんですが、土地柄なのか全国共通なのかは不明。
よ~く見ると、センターアームレストにも付いてる~
d0041352_21322011.jpg

d0041352_21322752.jpg

ハードウェアはかなり進化しているらしいですけどね。
[PR]

by dc5_inte | 2008-05-20 21:33 | クルマ
2008年 05月 13日
DCT続々
VW/Audi系のDSGから始まったDCTですが、BMWにもM3コンバーチブルから搭載されるようですね。
「M DCT」と呼ばれるようですが、”M”が頭についているって事は、M以外の搭載にはまだまだ先ってことなんでしょうか。M3のクーペやセダンにももちろん搭載されると思いますから、日本市場でも人気がでそうですね。
今までのSMGのように、変速スピードの調整機構が付いています。

ポルシェも準備中。Audiも縦置きエンジン用S-tronicは準備はほぼ完了って事だろうし(Q5から搭載?)、続々と搭載が進みそうです。

AudiのA3がマイナーチェンジを受けるようですが、乾式クラッチの7速S-tronicが搭載されていくようです。1.4TFSIに始まり2.0TFSIにも順次搭載されるようです。トルク許容量の問題もクリアしつつあるって事でしょうか。
ってことは、いつの日かVW ゴルフGTIにも、乾式クラッチ仕様の7速DSGに置き換わるんでしょうね。ゴルフVで実現するかどうかは微妙か。
ゴルフ Eに変わるグレードが、1.4L+乾式クラッチ仕様の7速DSGにチェンジはもうすぐですね。

VW、Audi系のスポーツグレードには、変速スピードの調整が出来るようなギミックが欲しいですね。スポーツグレードと非スポーツグレードの差別化も欲しいですよ。アウディ ドライブセレクト
当時は、GTI/GTXにしか載っていないDSGを選んだんですが、セッティングは違うにしろ今ではトゥーランにまでDSGですからね。

あれっ、日本ではGT-Rとランエボのみ。何で?
[PR]

by dc5_inte | 2008-05-13 23:28 | クルマ
2008年 05月 13日
ISOFIX対応チャイルドシート
ISOFIX対応のチャイルドシートについて書いておこうと思います。

ISOFIX対応のチャイルドシートは、国際規格の固定機構のことで、ISOFIX対応の車両であれば、基本的にはどのISOFIXチャイルドシートも取り付けが可能となっています。実際に、フィットにVW純正オプションのISOFIXチャイルドシート取り付けが可能です。
ドイツのレーマー社では、取り付け確認?認証?を行った車両のリストも公開されています。
ISOFIXは、確実に取り付けでき、安全性も高いと言われていますので、是非ISOFIX対応のチャイルドシートを取り付けないものです。

日本ではISOFIX対応車両であっても、その車両とセットで認証したシートしか取り付けてはならないということになっていました。ですから、ISOFIX対応チャイルドシートは純正オプションしか存在しなく、アフターマーケットには通常のシートベルトで固定するチャイルドシートしか売っていないのです。これには、不満も多いようです。
そこで、汎用ISOFIXがOKとなったようです。それには、車両側が新ISOFIXに対応する必要があるらしく、対応しているのはトヨタの数車種だけらしいです。新ISOFIXといっても、実際にはトップテザーがついているだけだと思いますが。
将来的には、純正オプション以外にもISOFIX対応シートが店頭に並ぶようになると思われます。まだまだ、時間が掛かりそうですが。

さて、VW(日本)では、ISOFIX対応のチャイルドシートは1機種のみ用意されています。
幼児用の「Bobsy G1 ISOFIX」のみ。規格は「ECE-R44/03」。最新の「R44/04」でないのが気になる。
”新生児用”と”ジュニアシート”に関しては、ISOFIX対応のチャイルドシートは用意されていません。これは、VWGJの考え方の問題で、BMW MINIは、すべてのチャイルドシートにISOFIX対応モデルを用意していますから。ゴルフVに関しては、チャイルドシート固定モード(ALR)が用意されていませんから、VWは是非、ISOFIXのフルラインナップを用意してもらいたいです。
また、ゴルフVヴァリアントのみトップテザーに対応したらしく「Bobsy G1 ISOFIX Top Tether」になっていました。
ちなみに、ゴルフVの兄弟車のアウディA3 SBには、ISOFIX対応していないらしいです。本国では対応しているので、仕様の違いでしょうか。これも、気をつける必要がありますね。
さらに、プジョー308に関しては、助手席にもISOFIX対応していました。今後はこの流れなんでしょうか。

前書きが長くなってしまいましたが、我が家では市販されているTAKATAチャイルドシート(乳幼児から4歳位まで使用できる)を最初使用し、1歳位になったので、VW純正オプションのISOFIX対応シートを購入しました。
VW純正品とは、世界のトップメーカーであるレーマー社の「DUO PLUS」のOEMです。もちろん安全性も評価されていますが、国内トップであるTAKATAより使いやすさも高い事がわかりました。

<レーマーの良かった部分>
・リクライニング機構が付いている
・ハーネスの高さ調整のしやすい
・ベルトバックルの装着がしやすい
・国内のISOFIX対応のシートより座面が低く、使いやすい(最近のトヨタに用意されているのは低くなったらしい)
・世界の自動車メーカーが純正採用している実績(国内ではマツダだけかな)

d0041352_141327.jpg

数年後、ジュニアシートに移行するときに、VWからISOFIX対応品が発売されてなければ、並行品を買おうかと思っています。
ベルト固定よりも側面衝突などにおいては、安全性は高いように思います。

そもそも、日本では6歳までが義務ってあたりも、12歳まで義務という基準がドイツとは違いますね。
[PR]

by dc5_inte | 2008-05-13 02:18 | クルマ
2008年 05月 01日
ガソリン騒動
田舎のガソリンスタンドがこんなに活気付いたのは、見たことないってくらいクルマで溢れていました。
明日以降、25円以上高くなるといわれれば、給油しておこうってことですね。

社用車のガソリンを給油しに15時くらいに寄ったら”品切れ”。16時30分にローリーが来るって話しだったので、18時過ぎによったら、ご覧のように田舎のGSが給油を待つクルマで一杯。
d0041352_040413.jpg

本日のレギュラー価格 120円/L(スピードパス+リッター3円引きバーコード)
[PR]

by dc5_inte | 2008-05-01 00:43 | クルマ
2008年 04月 21日
ディーラー巡り その他編
Audiを出て、他数社回りましたので簡単に写真で綴っておきます。

・MINI Clubman
ショールームが薄暗く、モーターショーのブースのようになっていました。
ClubmanのSが試乗できるということで、試乗しましたが、トルクステアの多い車を久しぶりに乗った印象です。通常モデルのCooper S 6MTの方が好み。
MINIは、ISO FIX対応のチャイルドシート~ジュニアシートがフルラインナップされていました。VWJは、1歳~4歳までのチャイルドシートにしかISO FIXモデル用意していませんからね。
d0041352_251766.jpg

d0041352_2511768.jpg

d0041352_2512964.jpg

d0041352_2513915.jpg


・FIAT500
写真だけで十分かな。スポーツVerなら・・・
あっ、PANDAは好きです。
d0041352_252168.jpg

d0041352_2522715.jpg



ランチは「洋食屋 みさくぼ」にて”手作りハンバーグ”を。
d0041352_2524199.jpg



・PEUGEOT 207SW
プジョーは全体的に価格設定が高めで、お買い得感は薄らいでいるようです。308も300万円スタートが目安のようで。207SWはラゲッジスペースが魅力になるかと。
あとは、207も308もスポーツグレードは3ドア+MTばかりで、家族持ちにはVW ゴルフGTIの4ドア+2ペダルはホント重宝がられていることを実感。
それから、1007は在庫限りで日本国内は終了だそうです。欲しい人は早めにゲットですね。
d0041352_255159.jpg

d0041352_2552166.jpg

d0041352_2553185.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-04-21 02:56 | クルマ
2008年 04月 21日
ディーラー巡り Audi編
友達と久しぶりにディーラーに回って、気になるクルマをチェックしてきました。
まずは、Audiへ新型A4を見てきました。

エクステリアは伸びやかなデザインと、フロントのデザインが気に入りました。
LEDによるポジション球が、注目でしょう。
d0041352_18403348.jpg

d0041352_0253316.jpg

d0041352_046118.jpg

展示車は、1.8TFSIと3.2 FSI quattroともにありました。

インテリアでは、後席の装備に違いが見られました。1.8はエアコンの吹き出し口がなかったり、センターアームレストの違い、シートバックネットが無かったりと、装備が簡素に。
d0041352_0462779.jpg

ナビは標準で装備されていますが、DVDナビのようですね。2008年という時代を考えると、考えてしまいますが。地デジは標準装備でした。

シートやシートポジションはBMWとは違いますが、悪くありません。ステアリングのリムが細いあたりは、クルマのキャラクターを表しているように思いました。

試乗車は、3.2のオプション装着の18インチ、アウディ ドライブ セレクトなどが装備されていました。迷わず試乗をしてきました。
大きく立派になったボディには、18インチホイールが似合っていました。
d0041352_20201211.jpg

注目のアウディ ドライブ セレクトには、関心してしまいました。「AUTO」「COMFORT」「SPORT」と切り替え可能で、「SPORT」ではATはDSポジションになり、街中では2~3速をキープする設定。ダンパーは明らかにダンピングが強くなり、ステアリングギア比も速くなります。ただし、BMW3シリーズのMスポーツの足とは違い、ダンパーが固くなるだけという感じもしましたが、これは色々と走ってみないとワカリマセン。
「COMFORT」では、「AUTO」よりもダンピングはゆるくなるように感じました。
これらの組み合わせを、プリセットすることも可能になっているので、ステアリングは速く、ATは通常といった仕様が出来ますね。

エンジンは、物凄いパワフルというわけではないと思いますが、十分でしょう。何より、気になったのは1700kgオーバーの重さ。コレはスポーツセダンと考えると重い。1.8でも1500kgオーバーと決して軽くないのが気になります。

しかし、走りの質感は非常に高く、旧型を大きく上回っています。1.8はCVTというのが、どんなものなんでしょうか。旧型のCVT仕様は、好みではありませんでした。
早く、Sトロニックを搭載して2.0TFSIあたりと組み合わされば、バランスは良さそうですが。

価格が、オプション装備していくと凄いことになりそうです。試乗車にはパドルシフトも装備されていませんでしたが、これもオプションだそうです。
今後の、ラインナップや進化に注目であります。
[PR]

by dc5_inte | 2008-04-21 00:18 | クルマ
2008年 04月 17日
オートライトについて
最近のクルマは、コンパクトカークラスからオートライトが付いていることが多くなりました。日産は積極的だったと思いますが、ホンダも新型フィットのHID装備車にはオートライトが装備されました。

このオートライトの考え方に疑問があります。

国産車は、短い時間暗くなるだけでライトが点灯します。高速道路で橋の下を通り過ぎるだけでライトが点くトヨタ車をよく目にしますよね。このときは、だいたいスモールライトだけ点く様になっています。
そして、薄暗くなり始める夕方になると、まずスモールライト(ポジションライトとか車幅灯というやつ)だけ点灯し、さらに暗くなるとヘッドランプがやっと点灯するようになっています。
ホンダのフィットもそういう仕様になっています。ちなみに、国産の高級車には感度設定がありますが、フィットクラスには感度設定はないです。

これらのロジックに疑問を感じています。

そもそもスモールライトだけ点灯させる必要が無いと思います。ONかOFFでいいはずなんです。
欧州車のオートライトは、スモールだけ点灯することは無いはずです。VW ゴルフだって、BMW 3シリーズだってそうでした(BMWにはオートライトの感度設定はありましたが)。
ゴルフのライトスイッチの、オートポジションには”トンネルのアイコン”が描かれているから、トンネルを出たり入ったりするときに正常にON、OFFすればよいって考えなのかもしれません。でも、Audiは「AUTO」って表記されてたような。

薄暗くなったらヘッドライトONにすべきです。よくパトカーが薄暗時にスモールで走っているのも問題。
雨の日などの高速道路でライトを付ける人が大分増えたと思いますが、それでもスモールライトで走行するクルマも多数いますよね。

このスモールライトだけで走行するのって、バッテリーを労わったりした時代の名残なんでしょうか?
信号待ちでヘッドライトを消すのと同じ?

これら、日本の自動車文化が悪いんでしょう。だから自動車メーカーもオートライトのセッティングを、スモールから点灯させるようにさせているんだろうと思われます。

ゴルフVのオートライトは、途中から仕様変更され、点灯タイミングが若干遅くなった日本向けが仕様があります。うちのGTIもアップデートでそうなりました。これも、日本国内のユーザーから指摘があったんでしょうね。あまり暗くないのにライトが点くって。
でも、スモールだけ点灯する仕様ではありません。

日本は、欧州の自動車文化には追いつけませんね。
d0041352_22501572.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-04-17 22:59 | クルマ