<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 15日
フィットの燃費を気にしてみる
フィットの納車が近づいてきましたので、旧型フィット(初期型の1.3A、10・15モードで23km/l)の燃費を記録しておきたいと思います。

東名~名神を250kmほど走行した、行きと帰りで調べてみました。
帰る前に給油し、トリップをリセットしていますので、平均燃費計もリセットされています。

エアコンは付けたり消してみたりしました。
エコラン的な事は一切考えないで走っています。流れで走ったり、全開で加速をしたり走っています。
しかし、90km/hリミッタートラックで、流れが100km/h以下に落ちることが多い高速ですから、燃費は稼ぎやすい条件ではあります。

行きの燃費(17.4km/l)
d0041352_038168.jpg

帰りの燃費(19.2km/l)
d0041352_0383638.jpg


どちらも、一般道がプラスα走行していますが、その一般道の距離の差が燃費の差です。

プリウスの燃費がリッター19~20km/l位ですから、フィットの燃費は条件さえあえば悪くないんです。
今回は高速で長距離での燃費でしたが、一般道やバイパスなどでは、14km/l~17km/lってところです。
新型フィットは、実燃費が上がっているらしいので、燃費は向上しているのか楽しみです。
[PR]

by dc5_inte | 2007-11-15 00:52 | クルマ
2007年 11月 15日
TMS2007
最終の土曜日に行って来ましたが、大混雑で回りきれなかったですね。
最後の2日間は駆け込みで混むのは予想してたんですけど、予想以上に混んでいました。
d0041352_0344289.jpg

d0041352_035268.jpg

d0041352_0351696.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-11-15 00:35 | クルマ
2007年 11月 06日
[試乗]新型フィット
話題の少ないホンダでは、数少ない新型車のフィットを試乗してきました。

Dの空いている平日だったので、一人で30分位好き勝手に乗ってみました。
d0041352_101925.jpg

現時点では、全国のDにある試乗車&展示車はすべて1.3G Fパッケージらしいです。1.5LのRSは今週末からのようです。
d0041352_049710.jpg

新型フィットは超キープコンセプトです。サイズは若干大きくなり、幅やトレッド、ホイールベースが延長されています。
フロントウィンドウは前方に出ているので、ガラスは大きくなっています。
タイヤとフェンダーの隙間がかなり大きくなりました。15インチや16インチ仕様は、大径タイヤのようですから、隙間が小さいはず。ホンダはシビックで、このクリアランスを小さくして、横から見たときのスタイリングに気を使ったって言っていたのに、フィットではこの有様。
d0041352_0492416.jpg

室内は横方向にゆとりが出たように感じます。初代のフィットはこのクラスではシートは大きく、ホールド性も高いシートだったのですが、今回のシートも基本的には上出来だと思いますが、シート座面短くなっているのが気になりました。
フロントスクリーンが大きくなっているので開放的な雰囲気です。先代のAピラーが邪魔をして見にくかった右コーナーも見やすくなっています。
カップホルダーが10個もあるようですが、小物入れは減ったような気がします。先代は、ステアリングのしたあたりに棚があったので、サングラスケースなどを置けたのですが、新型ではセンターの小物入れしか置けそうにありません。カップホルダーは、全席の場合、エアコン吹き出し口の部分に置けるので、冷却効果も期待できそうです。先代では、排気関係の熱が伝わって、飲み物があったかくなってしまったので。
1.3Gにはグラブレールが助手席しかありません。年配の方とかが後席に乗って、しがみ付いている光景を見ますが、1.3Gでありません。スカイルーフ仕様には装備されていますが。1.3L、RSなら標準ルーフにも装備されています。
また、旧型にあった助手席シートバックあった、コンビニフックも全グレードカットされています。これ、便利だったのに。コストダウンの跡が見え隠れします。本体価格を最低限のアップに留めたかったんでしょうけど、旧型より劣っているとは・・・。
細かい部分ですが、防眩ミラーは全グレード装備されたのですが、間欠ワイパーのバリアブル調整機能は1.3L、RSのみ。この位全グレード付けてくれたって。部品の流用チューンで出来ればよいのですが。
d0041352_0495037.jpg

メーターには、今までの平均燃費に加えて、航続可能距離、瞬間燃費が表示されるようになりました。常時発光のメーターは旧型よりは、質感アップしていますね。
d0041352_052115.jpg

注目の走りは、エンジンのパワーアップを感じることが出来ました。高回転での伸びが旧型1.3よりも明らかにあります。旧型1.5リッターに近いパフォーマンスがありそうです。他メーカーの1.5リッターと同じくらいのパフォーマンスって話もあります。
新型ではCVTにトルコンを組合わせたので、発進時の違和感や加速性、極低速でのギクシャク感は感じませんでした。

ハンドリングは、大幅にステアフィールが向上しています。フィール自体は軽くなったとも言えますが。旧型は、途中何回か細かな変更を受けていましたが、それを超えています。EPSの容量アップで、アシスト遅れを感じることもありませんし、違和感も確実に減っていました。
そして、ステアリングの正確性が良くなっています。ロール剛性そのものは、旧型の方が高くて初期の応答も良いのですが、対する新型はゆったりと反応するセッティングへと変更されていました。それでも、リアが付いてくるし、曲がり難くなったわけでもありませんでした。

ラゲッジは、今までスペアタイヤのあった部分に、荷物を収納できるようになっています。フレキシブルラゲッジ仕様は、より使い勝手は良いのでしょう。
1.3Gには、旧1.3A同様、ラゲッジルームランプが装備されていません。夜間は真っ暗で見えないのでかなり不便!他グレードに装備されている部分に切り込みはあるので、ランプをつけることは出来そうですが、ハーネスが着ているかどうか。
d0041352_0523643.jpg

d0041352_0524655.jpg

さて、11月末には納車されるフィットなんですが、実際に走り出したら使い勝手や燃費もまとめてみたいと思います。
新型は一部コストダウンされたりしていますが、基本的には正常進化といえると思います。

FitからFITへ。
d0041352_059242.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-11-06 01:16 | クルマ
2007年 11月 05日
[試乗]インプレッサWRX STI
インプレッサのSTIバージョンが登場しましたので、試乗にDへ行ってきました。
展示と試乗と2台あり、多くの人が試乗をしたりと結構人気のあるクルマでした。
「WRX STI」と”WRX”という名称が残ったようですが、必要だったのかな?”STI”だけでいいんじゃないのって。

スタイリングは、S-GTとは別物と言っていい感じで仕上がっています。ランエボよりは好きです。
前後245/40-18のタイヤを履いていますが、オーバーフェンダーが特徴ですね。
d0041352_0213031.jpg

室内では、STI専用としている部分も若干ありますが、基本的にはインプレッサを準じているわけで、質感などに関してはぼちぼち。天井などの生地がショボイように思いましたが。
d0041352_0234943.jpg

d0041352_024098.jpg

リアシートからの眺めはこんなもん。
d0041352_022777.jpg

試乗車も展示車もシートはノーマルで、OPのレカロの出来が気になります。ノーマルシートは、ランエボに標準のレカロなどとは違い、ホールド性などはあまり強くないです。あたりも柔らかくなっています。

試乗は街中を走る程度だったのですが、好印象でした。
クラッチは軽くなっているし、繋がりもホンダを知っている人間には近いものがありました。クラッチペダルで気になったのは、ペダルに滑り止めがされていないのか、靴によっては滑りやすいかも。
シフトフィールは、以前のスバルのひっかるような印象は少なくなっていてこれも好印象。ストロークは旧型より長くなっているって営業マンが言っていました。

エンジンは、さすが300馬力オーバーって感じです。重くなった車重ですが、それでもターボが効き始めるとパワフル。1速から2速で全開でシフトアップしてもトラクションが掛かるあたりはやっぱりAWDですね。
低回転ではフレキシブルではなく、街中などではかったるいかな。

SI-DRIVEは3モードありますが、インテリジェントモードはブースがかなり絞られる様子。ギミックに飽きてくる頃には、スポーツモード、スポーツ#モードで落ち着くのでは。燃費に影響が大きいのであれば、インテリジェントモードも使うのかな?
d0041352_010107.jpg

走りは、しっとり感が出てきて、大人になったなぁって事です。今までのカルトカー的なSTIからは、かなり進化したと思います。個人的にはこういう方向を望んでいましたし。振動、乗り心地に全く不満は出ませんでした。ハンドリング的な部分はどうかわかりませんが、S-GT比で大分重くなっていて1500kg近い車重は大敵でしょう。
ちなみに、ガンさんは、サーキットを走るなら1300kg位までに抑えないと、コーナーでは絶対的に不利だといっています。求心力の強いタイヤなど履いても、悪循環なだけなんですよね。

スタビリティーコントロール(VDC)、サイド&カーテンエアバッグが標準になったのはエライですね。スタビリティコントロールに関しては、走りの面でも必要だったんでしょう。積極的に活用してクルマを安全に曲げると。完全OFFは付いていますので、サーキットでもOKでしょう。

ランエボと同じくTMSに次期を合わせてきたインプレッサWRX STIですが、方向性は理解できるし、プレミアムな方向へ一歩進んだんだと思います。
今後のインプレッサのSTIの進化し関しては、2ペダルをスバルがどう考えているのかということと、軽量Ver(サーキットユース)の2つが気になりますね。
あとは、今回は技術的には目新しいものはありませんでしたら、今後に期待ですね。DCCDは以前のモノからは大きな変更もないようですし。

ランエボXより全然好きです(笑
d0041352_0222943.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2007-11-05 00:32 | クルマ