タグ:インターナビ ( 13 ) タグの人気記事

2010年 11月 06日
インターナビへの接続について
ホンダ純正カーナビ「インターナビ」へは、Bluetooth携帯から通信しています。
そのパケット通信の料金が結構かかります。
そこで、パケット単価が安くなるようにプランに変更してたんですが、
先日、久しぶりに料金明細を見てビックリ!

ソフトバンクのブループラン+パケット30にして、アクセスインターネットのパケット単価0.05円になっていたのですが、
「カーナビ通信@0.2円」って項目があって、0.2円で計算されていました。
4倍の料金を請求されてたってことです。
それが、カーナビプランの始まった4月(実際にはサービス期間後の7月)からなっていたようです。

インターナビとソフトバンク双方に確認したところ、ソフトバンクの「カーナビプラン」が設定されたため、
インターナビ側で通信接続設定をそれ用に変更したとのこと。(通信でパーソナルHPと同期を取ると変更されるらしい)

「かんたん通信設定」で設定してあったのですが、そのプロファイルが自動更新により、アクセスインターネットの設定からカーナビプラン用になってたのです。
とりあえず、「マニュアル通信設定」で、接続先をアクセスインターネットに変更しました。

ソフトバンク側で調査してもらい、正規の料金になるように、来月の請求からマイナスしてもらうことになりました。
どうやら、ソフトバンクのシステムに問題があったように思います。
インターナビ側ではプロファイルが変更されても、非カーナビプランユーザーはアクセスインターネットの料金が適用されると説明を受けていたようです。

法人契約の携帯で明細をチェックしていなかったので、発見が遅れましたが、
同じようなケースは他にもいるかもしれません。
そもそも、カーナビプランが法人契約NGってのが、頂けなかったよな。


[PR]

by dc5_inte | 2010-11-06 20:49 | FIT
2009年 01月 27日
インターナビ スマート全地図更新~完了
インターナビ スマート全地図更新ですが、Disc2を入れてから数時間更新作業が掛かるとの事でしたが・・。

Disc2の更新は、基本的な普通にナビやオーディオが楽しめます。更新作業は自車位置周辺から更新するようで、そのときにレスポンス低下を感じました。

更新の最後の方で気付いたんですけどバージョン情報を見ると、ステータス表示を見ることが出来ました。
d0041352_2215835.jpg


更新作業は5~6時間は掛かっていたように思います。通勤だけに走らせるという方には、1日では終わらないことになりますね。
しかし、今までのHDDを預けるタイプよりも格段に便利になっています。30分だけ使えない時間が発生するだけなんですから。

完了後にバージョン情報を確認しました。プログラムバージョンもアップデートされていました。「Ver.03.00」と直前に確認したバージョンよりもさらに新しくなっているようです。
これで、色んな不具合が直っているのでしょう。
機能に関しても一部変わっているので、気付いた部分は改めてエントリーします。
d0041352_2223089.jpg

d0041352_2221722.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2009-01-27 22:08 | FIT
2009年 01月 25日
インターナビ スマート全地図更新
フィットの純正ナビ、インターナビのデータ更新DVDが届いたので実行してみました。
正式には「インターナビスマート全地図更新DVDキット」と書かれている。
価格は12,600円。
d0041352_22223319.jpg

今までの地図バージョンは、2007年夏版で「Ver.14.01.06」だった。
今回は、2008年秋版で「Ver.14.04」。新規道路をダウンロードし更新すると「.01」が末尾に追加されるはず。
ちなみに、プログラムバージョンは「Ver.00.01」となっているが、今回の更新でアップするのかどうか。(これより新しいバージョンが存在することは確認済み。)

更新内容は以下の通り。
d0041352_2222141.jpg

これで、2009年10月頃まで新規道路データ配信のダウンロードが可能となる。
更新内容には書かれていないが、ランドマークロゴなんかも更新されているはず。

更新DVDは2枚組みとなっていて、1枚目を挿入すると認証が行われ、コピーが始まる。約30分。
この間は何も操作が出来ない。
d0041352_22225971.jpg

d0041352_22231031.jpg

Gracenoteデータベースの更新も行っているようでした。

無事に1枚目が終わると、2枚目を挿入するようにと指示が出てくる。
d0041352_22232549.jpg

注意事項も表示される。
d0041352_22233841.jpg

ここからは、レスポンスが低下するが通常にナビやオーディオが使用できる。DVDドライブを利用することは出来ない。CDを再生しても、再開はできるが。
説明書には数時間掛かるとの事なので、ここまででクルマを降りた。
月曜日以降に更新を完了させよう。
d0041352_22235541.jpg


この段階では、バージョン情報を見ることが出来ないので、プログラムバージョンがアップしたかは確認できなかったが、誘導設定に「スマートIC案内」が追加されていた。
d0041352_22213261.jpg

これは、今まで無かったはず。
地図以外にも更新がされているようです。

つづく。
[PR]

by dc5_inte | 2009-01-25 22:27 | FIT
2009年 01月 21日
純正ナビ不具合ふたたび
フィットの純正ナビ「インターナビ」ですが、納車後すぐに走行中に突然電源が落ち再起動がかかる現象が数回発生し、新品交換をしてもらったのですが、
最近また、同じ症状が発生しました。まだ、1回だけですが。

個人的な予想は、本体ソフトのバグの可能性が高いような。

ディーラーには、一応報告し何らかの対応をお願いしてあります。
ナビの保証は3年6万キロだったと思いますが、既に走行距離4万キロを超えているので、保証が効くうちに何とかして欲しいと要望してあります。

ナビ本体のプログラムバージョンが最近出荷されているフィットには、新しいバージョンになっているようで、バージョンアップで直ればいいのですが。
まあ、とにかくディーラーからの回答待ちです。

この件とは別に、有償の全地図更新ディスク(会員価格 12,600円)を申し込んであります。1月中旬から順次発送と聞いているので、今月内には届くかな。それで、プログラムバージョンもアップされ、不具合解消となれば良いのですが。

インターナビの話題をもうひとつ。
パイオニアのスマートループと、ホンダのフローティングカーデータのデータ共有の話。パイオニアのサイトには1月19日から共有を開始とリリースがありました。
ホンダからの発表はまだありませんが、インターナビもスマートループの情報をいつから使うんでしょう。

d0041352_0563861.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2009-01-21 01:01 | FIT
2008年 08月 29日
インターナビが進化
ホンダのカーナビ「インターナビ」が新機能を搭載して、来月発売のレジェンドから搭載していくとの事。

「インターナビ・ルート」と呼ばれる機能は、ルート探索をナビ本体ではなく、サーバー側で行い配信するというもの。だから、今まで難しかった細かな探索条件でルートを引くことが可能になっている。
日産の「カーウィングス」も、サーバー側でルート計算をし、ダウンロードする仕組みをとっていた様な気がします。

ルート探索条件は5つ。
最速/最速一般道優先、省燃費、ETC割引、スマートルート、シーニックルート。

「省燃費ルート」では過去フローティングデータから加減速データを算出し、燃料消費が少なくなるルートを引いてくれるあたりは、ガソリン高の時代を象徴していますね。レジェンドからは燃料消費量もフローティングデータと一緒にアップロードするようですから、通信インフラが重要になりそう。ウィルコムの通信カード以外でのデータ定額を早期に実現してもらいたいですね。「Yahoo!ドライブ」との提携も発表されましたから、softbankと何とかならないのでしょうか?

このルート探索の中では「スマートルート」が一番使えそうです。所要時間と有料道路料金のバランスが取れているそうです。
ちなみに、現在のインターナビの「推奨ルート」でも、高速道と一般道の所要時間の差が少ないときは、一般道を案内することが多いです。

今回の発表では、パイオニアの「スマートループ」とのプローブデータの共有も発表されました。これにより、情報の鮮度が上がればよいのですが、元々パイオニアの「スマートループ」ユーザーは少なそうだから、パイオニアユーザーにはメリットがあるでしょう。

9月発売のレジェンドのナビはVGA液晶になっているのもインターナビとしては初かな。TVはワンセグらしい。開発はパイオニアが担当しているそうです。MC前のレジェンドはアルパインだったはず。

インターナビは、予想所要時間の精度が高いので、非常に助かっています。長距離を走っているときには、運転時間の目安を知りながら運転できるので、気持ち的にも楽なんですね。

インターナビ・ルート
http://www.premium-club.jp/technology/technology_root01.html

[PR]

by dc5_inte | 2008-08-29 23:11 | クルマ
2008年 06月 04日
インターナビ 2008年5月度新規道路データ配信
昨日、フィットのエンジンを始動した後に「2008年5月度 新規道路データ配信」のお知らせがアナウンスされました。

6月1日開通の「阪神高速京都線」に合わせてデータ配信が行われたようです。
d0041352_2565141.jpg

ちなみに、インターナビのスマート地図更新機能ですが、データ配信時に必要の無い道路であっても更新を掛けておかないと、次回のデータ配信時に結局更新するハメになるので、配信の都度ダウンロードし更新していく必要があります。
[PR]

by dc5_inte | 2008-06-04 03:09 | FIT
2008年 04月 23日
インターナビ 新規道路データ配信
インターナビのパーソナルホームページを見ていたら、今後配信予定の道路が更新されていました。
道路一覧は以下の通り。
d0041352_047232.jpg

特に用はなさそうな道路だなぁ
[PR]

by dc5_inte | 2008-04-23 00:48 | FIT
2008年 02月 26日
新名神
23日に開通した新名神を、早速走ってきました。
事前に、開通と同時にインターナビのスマート地図更新を行っておいたので、ルートもバッチリですし、VICSも表示されます。

多分、現時点でナビに表示されるのはホンダのフィットとインスパイアだけじゃないのかな? トヨタのマップオンデマンドも更新されているかもしれませんが。
改めて、リアルタイム地図更新の素晴らしさを体感できました。
d0041352_0363640.jpg


開通直後に滋賀、三重あたりは大雪に見舞われたようで、月曜の早朝時点ではかなり雪が残っていました。
土山SAは、ゲレンデの駐車場のように雪でツルツルの状態になっていました。ガラガラの状態ですので、スライドさせる練習が出来そうでしたよ(笑

豊田JC~草津PA間で、名神を使うよりも約20分早いようです。実際には、もっと差が出てくるように思います。交通量の少なさ、流れの良さ、渋滞の少なさを考えると。
名神の一宮JCの渋滞には参りますので。
これで、京都まで近くなりました。
料金は変わりませんが、現在は期間限定割引されています。

ちなみに、オービスは設置されていませんでした。東海環状のように爆速になりそう。しかも、新名神の設計速度は120km/hらしいので、大変走りやすいです。
d0041352_0392034.jpg

d0041352_0393475.jpg

帰りは、信楽ICから乗り、甲南で休憩。
d0041352_0402248.jpg

[PR]

by dc5_inte | 2008-02-26 00:51 | 日々
2007年 12月 28日
スマート地図更新 2007年12月版
先日、フィットのエンジンを始動させて走り出そうしたら、ナビが新規道路があると、アナウンスしてきました。
首都高 中央環状新宿線の開通にあわせて、新規道路データが配信されたようです。
d0041352_23151241.jpg

この新規道路のダウンロードには、約3000パケット(約380KB)掛かるようです。1パケット 0.2円計算で、600円。0.02円で60円。

配信される道路は、画像での確認することが出来ました。インターナビプレミアムクラブの会員サイト内にも、配信道路の詳細データや、今後配信が予定されている道路も確認することが出来ます。
d0041352_231532100.jpg

今回の更新では、名古屋高速は恩恵に預かれるかも。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-28 23:16 | FIT
2007年 12月 20日
インターナビの実力は?
ホンダの純正ナビ「インターナビ」を使ってみてのレポートをしてみたいと思います。

注目は、世界初搭載したフローティングカーシステムを取り入れたVICS機能に尽きると思います。通常のVICS情報の約8倍の情報量を持っているので、VICS非対象道路でも、渋滞情報やリンク時間(通過時間)を取得できます。これには、ユーザーの積極的なデータアップロードが必要となりますが・・・

フローティングデータの鮮度や精度が高いと思われる、大都市圏では効果があるように感じました。
名古屋市内に向かってルート案内をさせたときには、可能な限り短い時間で到着できるようにルートを選んでいるように感じました。混雑が始まりそうな場所に入ってきたところでインターナビVICSの受信間隔を15分に設定して走行していると「代替ルートがみつかりました」を表示され、新しいルートに頻繁に更新されていました。
実際に、早く目的地に到着出来ているのかはわかりませんが、かなりマニアックな道を案内される事もあるし、同じ目的地でも毎回ルートが違うので、積極的にルートを選んでいることが分かります。

たとえば、通常のナビでは、現在のVICS情報で高速が渋滞していなければ、一番近い高速ICに乗ってというルートが引かれることが多いと思いますが、インターナビでは多くの一般道のリンク時間や、過去の渋滞予測なども考慮されるので、一般道を走行しひとつ先のICから高速に乗るルートを引いてくれたりします。最寄の高速ICまで走行する時間より、ひとつ先のICまで走った方が速いってことなんだと思います。
d0041352_0405278.jpg

d0041352_0411389.jpg

実線がVICS情報。破線がフローティングデータ。

そして、到着予定時間が普通のナビよりも正確な事もわかりました。到着予定時間が正確ということは、リンク時間が正確ということなので、実際に渋滞多発地域においては、インターナビの渋滞回避能力はあるということになると思います。
しかし、その差は、僅かとは思いますが。それでも、スムーズに走行できて、到着時刻が正確に把握できると、運転していて楽ですね。
[PR]

by dc5_inte | 2007-12-20 00:53 | FIT