2007年 09月 15日
VW Tiguan
フランクフルトショーで正式なデビューとなったティグアンですが、このクラスには注目しています。
日本国内でもX-TRAILやアウトランダー、CR-V、RAV4と人気のカテゴリーですからね。
ヨーロッパ勢では、X3やフリーランダー2などと同じでしょうか。

トゥアレグの弟分という位置付けですが、成り立ちは大分違います。
トゥアレグのAWDは、電子制御のセンターデフを持っていて、さらにはローレンジをも備える本格的オフローダー。
対するティグアンは、FFのゴルフをベースとした、スタンバイ式のAWDです。
といっても、VWですから、それなりにオフローダーとしても開発しているようです。
d0041352_17163931.jpg

d0041352_17165612.jpg
バリエーションが3タイプあって、“Trend & Fun”と“Sport & Style”、“Track & Field”。
オフロード性能を追求したのが、“Track & Field”。バンパー形状をかえて、アプローチアングルを稼いだり、AWDの制御も専用としているようです。

その“Track & Field”の走りが、YouTubeにあったので、見てみましたが、オフローダーとしても妥協していないように思います。
最近では、日産のX-TRAILが「ALL MODE 4x4-i」にて、オフロード性能が向上したと宣伝していますが、このクラスはお手軽ヨンクに電子制御を上手く制御させるかがポイントのようです。
動画を見る限り、しなやかに動いている足など、ティグアンは電子制御以外の部分でも、しっかりと作っているんだと思います。
日本では使いやすいサイズですから、注目モデルになるかもしれませんね。

YouTube - Volkswagen Tiguan Track & Field in Action
[PR]

by dc5_inte | 2007-09-15 17:24 | VW


<< 40Dのライブビューを試す      Audi R8 ニュルブルクリンク >>